【イケメンにはYouTubeでも負ける?】お部屋探しのお客様あるある②『台本公開と近況報告』

YouTube「不動産新人チャンネル」に50本目の動画を投稿しました。

僕たちは2020年7月23日に動画を初投稿したので、
YouTuberデビューしてもうすぐ2カ月が経過します。
チャンネル登録者数は約670人。素人にしては善戦しているのかもしれません。

動画はすでに50本の動画を投稿しており、コロナウイルスがなければここまで動画を作ることは不可能だったなぁと思っています。

YouTubeでバズるコンテンツを作るために、いろんなユーチューバーの動画を見ていると、僕の大好きな俳優、神木隆之介君のリュウチューブが目に入りました。
彼は約3か月前にデビューしたばかりで、投稿している動画本数は13本、チャンネル登録者数は約32万人(2020年9月時点)
もちろん有名人ですから、比較することがそもそも間違っているのかもしれませんが、同い年のイケメン君との格差はYouTubeの世界でもついているのかと思うとショックでした。

お部屋探しのお客様あるある②(不動産賃貸仲介営業マンはつらいよ)↓

以下、【イケメンにはYouTubeでも負ける?】の続きと、台本の公開になります↓

彼の見ているだけでご飯が進むようなカワカッコイイ顔面を見ていると、
あっという間に10分の動画が終わってしまいます。
声も聴いていて心地よいし、話し方も素敵です。
素人の男が同じことをしていたら面白くもなんともないような内容でも、彼がやると素晴らしいコンテンツになります。動画編集者様も優秀です。

ゲイではありませんが、妖怪大戦争の頃から神木君のことは大好きで、
同い年なのにTVで活躍している彼をずっと見てきて悔しい思いが今でもあります。
比較することはおかしいですが、コンテンツでは負けたくはありません。

「不動産」というニッチなジャンル大衆ウケするコンテンツになるように試行錯誤し、新しいジャンルとして開拓して、先行者利益の取得を目指します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下、台本の公開になります↓

・え、年収違うじゃん

電話する不動産新人

不動産新人「お客様、昨日の申し込みですが、無事に一番手が確保できました!」

客の声だけ(テロップでお客様)「おー、そうでしたか。よかったです。」

新人「あとは必要書類として、昨日身分証のファーストコピーはいただいてるんですけど、あと源泉徴収票、お客様の場合はフリーランスの方ですと住民税決定通知書の写しでいいと思うんですがメールで送っていただけますか?」

客「わかりました。」

~3時間後~

客「不動産新人さん、さっき必要書類メールしたんですけど、届いてませんか?」

新人「ああ、すみません、今確認させていただきますね。あ、無事届いてますね、ありがとうございます。あ、あれ、ご年収って400万円っておっしゃってませんでしたっけ?これ見ると年収200万円?」

客「ああ年収?まぁ低く申告してるからね」

新人の心情「えー話が違うじゃないかぁぁぁあ」

・30代以上独身キャリアウーマンのお部屋探し※偏見です

不動産新人「いかがでしょうか。お客様ご希望の駅徒歩5分、築4年のオートロック付きのお部屋です。」

お客様「いいですね。でもせっかく引っ越すんだから広くて高層階のお部屋がいいです。」

新人「そうですかー、このエリアで築浅で5分以内ですと、もう少しご予算伸ばしていただけると選択肢が広がってくるのですが~」

客「でも将来見据えて予算は9万円に抑えたいんですよね」

新人「先ほど、そうおっしゃってましたね。」

~2件目~

新人「いかがでしょうか、先ほどより広くて11Fなので眺望もいいですし」

客「広くていいですね。私ずっと一人暮らしなのでモノが多いんです。捨てられないんです。」

新人「そうでしたか、ではこのお部屋はクローゼットが2つもありますしピッタリですね」

客「あれでもこのお部屋北向きなんですね。やっぱり南向きがいいです。」

新人「なかなか今ですね、マンション立てる業者様が駅近で用地を仕入れるのが難しいんですよ。お客様のご予算ですと、どうしても北向きや西向きばかりが多くなってしまいますね。」

客「不動産新人さんは逆に南向きのお部屋で暮らしたくないんですか?せっかく引っ越すんだから日当たりいいところで暮らしたいと思いませんか?」

新人「うーん理想はそうなんですけれどもぉ」

~3件目~

客「あ、この部屋広くて南向きで駅も近くていいですね。」

新人「ありがとうございます。お客様のご希望にピッタリですね」

客「でもさっきエントランスで見たんですけど、宅配ボックスが少なかったですよね。」

新人「あーま、まぁそうですね」

客「総戸数多いマンションなのにあの宅配ボックスじゃ不便だと思うんですよね。私よく通販利用するので」

新人「あーでも宅配ボックスがついてないわけじゃないですし、」

客「ゴミは24時間出していいんですよね?あ、将来的にはペットも飼うかもしれないのでペット可能な部屋を探したいです。あと敷金はわかるんですけど、礼金って私納得がいかなくて、なので礼金のない部屋にしてください。あとできれば~」

新人の心の声「うわわわーーーこのお客様、自分の完璧な城を求めるタイプだぁぁああああー。予算が限られる中でそんな物件ないよぉぉおおおおお

 

・仲介手数料うるさい

車で案内中なので、車内の背景。助手席に客

不動産新人「では次の2件目のお部屋を見に行きましょう」

お客様「はい、お願いします。そういえば仲介手数料のことなんですけど、」

新人「ああ、はい。」

客「不動産の賃貸って仲介手数料0.5カ月分でいいんですよね?

新人「あー不動産会社によって違うとは思いますが、弊社では家賃の1か月分の仲介手数料はいただいております。」

客「でも少し前に、リバ〇ルの仲介手数料問題で話題になってたじゃないですか。」

新人の心情「うわーーこのお客様メンドクサイタイプだぁぁあああ」

新人「そ、そうですね。あ、お詳しいですね。さ、さすがです。でも今回ご紹介させていただくお部屋は、オーナーさんの意向で借主さんから一か月分もらってくださいということになってますので」

客「え、でもなんか、仲介手数料無料とか言ってる会社も多いし~」

新人「ちょっと会社に相談してみますね。」

客「ああ、はい。」

外で電話する不動産新人 会社で電話する主任

新人「お疲れさまです。不動産新人です」

部下潰し主任(テロップ)「ああ、おつかれ、案内どう?」

新人「そ、それが仲介手数料についていろいろ言ってくる人で」

主任「仲介手数料?お前が余計な事言ったんじゃねぇのか?」

新人「い、いえ、それがリバ〇ルの話題とかいろいろ調べてる細かいで、仲介手数料半月分でとか言ってるんですよね」

主任「そんなやつ相手にするなよ。めんどくさい。」

~2時間後~

店舗内の背景に切り替わる

新人&主任「仲介手数料半月分でお願いします!」

【思考と現実】
生まれ変わったら神木君の顔になりたい。