【ビジネスは結果が全て】後輩社員に成績を抜かれた不動産営業マン②『台本公開と近況報告』

YouTube「不動産新人チャンネル」に21本目の動画を投稿しました。

ツイッター上で「本業か副業か」という無意味な議論が話題になっています。
・まず本業で結果を出した者が副業をやるべきだ
・副業やる人は本業がうまくいってない人間が逃げているようにしか見えない

その話題に関連づいたのか、何人かが僕に矢を向けてきました。
そのおかげで僕は、自分の考えがまだまだ甘かったと自覚することができました。

ビジネスは結果がすべて。
圧倒的な結果。数字で語るしかない。

結果が出るまではアンチのどんな理不尽も、どんな批判的なコメントも耐えるしかない

今の僕が何か言い返して論破したところで、何も成し遂げてない人間の言葉には説得力がなく、痛々しくなるだけだと思います。

認めてもらうことを結果を出す前から求めていた僕は、ビジネスに対する考え方がまだまだ甘かったのだと自覚することができました。

自分のやるべきこと、方向性は決まりました。
期待に満ち溢れている一方で、不安を押しつぶしている不安定な時期でもあります。

YouTube「不動産新人チャンネル」は始まったばかりです。
批判されたり、文句を言う人がいるということは注目されている証拠でもあります。
方向性は間違っていない。そう僕は確信しています。

「後輩社員に成績抜かれた不動産営業マンあるある②」はこちら↓

以下、台本の公開になります↓

後輩社員に雑用を頼まれる

イケメン「先輩すいません、ちょっと明日契約予定があるんですけど、その物件の調査間に合ってなくてぇ~」

新人「あ、そうなんだ。よかったね、契約。」

イケメン「はい。で、俺の専任物件あるじゃないですか?そのスーモ写真を今日中に撮り直せって部長に言われちゃっててー」

新人「あーそうなんだ。」

イケメン「・・・(間をあける)え?先輩今日予定あるんですか?

新人「あ、あ、そういう意味ね。じゃ、じゃあ僕が、撮影してくるよ。」

イケメン「あざーっす」

後輩社員にすら同情されて詰められる

イケメン「先輩~」

新人「ん?どうしたの?」

イケメン「係長の新しい専任物件もう下見しました?」

新人「あ、ああ、あれね。成城7丁目だっけ?」

イケメン「はい?何言ってるんですか先輩w意識低くないっすか?w」(友達みたいに肩叩く感じ)

新人「あれ違ったっけ?3丁目か」

イケメン「そうですよ、成城3丁目ですよ。自社の預かり物件も頭入ってないんじゃ契約できないでしょw

新人「そ、そうだよね。」

イケメン「だからダメなんじゃないですか?先輩が毎朝詰められるせいで空気重いんで勘弁してほしいんですけどw」

新人「ご、ごめん。」

イケメン「今日とか課長の機嫌最悪でしたよね?w俺八つ当たりされましたからね?w今月契約してる俺にまで火の粉がかかってくるからマジ勘弁っす。」

新人「そ、そうだよね。」

イケメン「てか先輩昼間何してるんですか?仕事してます?

新人「してるよw君までそんな詰めないでくれよ」

イケメン「いや、反響もらってる数同じなのになんで先輩こんなに案内少ないのか不思議なんですけどw

新人「うー、うん。」

イケメン「あ、ごめんなさい、なんか俺が詰めてるみたいで。」

新人「い、いや、いいよ。その通りだし。」

イケメン「なんかやり方変えたほうがいいっすよ。マジで。」(

新人「う、うん。ありがとう。」

意外とこのブログからYouTubeに誘導できているようです。
ブログ、note、YouTube、ツイッターとやるべきことはやっています。
あとはこれらの相乗効果がもっと出すために、それぞれのコンテンツの質を高くして量を供給していかなくてはいけません。
引き続き、不動産新人の応援よろしくお願いします。