【人を増やすリスク】上司の一つ一つの言葉がパワハラ その1『台本公開と近況報告』

YouTube「不動産新人チャンネル」16本目の動画を投稿しました。
気が付けばYouTubeのチャンネル登録者数は400人を超えており
応援してくれる人たちや、応援コメントをくれる人には本当に感謝です。

成功して有名になってから応援してくれる人よりも、この挑戦し始めのうまくいくかどうかわからないときに温かい言葉を掛けてくれる人が本物だし、
大切にしていかなくてはいけない人たちだと思います。

最近とても嬉しい連絡が多く来るようになりました。
ツイッターのDMやGメールにて、
「不動産の~な職種で働いておりますが、ぜひ一緒に不動産新人チャンネルを盛り上げていくお手伝いをさせてください」
「自分も不動産新人チャンネルに出演したいです!演技できます!ネタ提供します!」

現役の不動産営業マンとして働く人たちからのお誘いがちょくちょく来るようになり、やり取りすることが多くなりました。

とてもありがたいし、うれしい話なのですが、
結論として、
これ以上「不動産新人チャンネルメンバー」は増やしません
(正しくは増やせません)

中には有難い話なのですが、
私がご遠慮しても、諦めずにとても自分を売り込んでくださる熱い方もいらっしゃり、応援してくれる人ということもあって私も無視できないので、結構対応で時間がとられています

どうやってお断りしようかな・・・
応援してくれる良い人が不快に思わないように上手にお断りしないとな・・・
と余計な気力を使ってしまっています(涙)

大切にしたい人だし、いつか力をお借りすることもあると思うのでご縁は大切にしたいのですが、今は私の余裕がありません。

【現状、これ以上メンバーが増やせない理由】


①金銭面
メンバーを増やしたくない理由としては、やはり金銭面です。
僕は不動産新人チャンネルをビジネスとして取り組んでいます。
出資してくれる人も出てきて、収益化して稼がなくてはいけない事業として取り組んでいます。
メンバーが増えれば単純に自分の取り分が減ります
「応援してるだけだからお金なんていらないよ。協力するよ」
というスタンスの人でも、実際に金銭が発生すると人間は変わってしまいます。
僕もやりがい搾取するのは心が痛いですし、やはりギブ&テイクの関係であるからこそ長期的な人間関係を維持できると考えます
中途半端に関わっておいて、いきなり「離脱するよ」と言われても困りますし、やはりお互いの利害が明確でないと、僕も安心してお願いすることができないのです。


②僕の管理ができないから
現状、不動産新人チャンネルのチームは主要メンバー2名(ぷん次郎君&YN君)、サブメンバー2名(身バレ防止のため露出最小限)、動画編集者様2名出資者様1名で構成されています。
私は現役の不動産営業マンとして働いているため、数時間でもラインの確認が遅れると、あっという間にラインがいっぱいになります。


~溜まっていくライン~
動画編集者様①「編集終わりました。チェックお願いします。」
主要メンバー①「ライブ配信もやったほうがよくね?あるあるだけじゃ限界来るっしょ?」
サブメンバー①「次の撮影だけど水曜日の夜なら空いてるよー」
動画編集者様②「修正終わりました。次の素材送ってください」
主要メンバー②「台本書いたので確認お願いします。」
サブメンバー②「動画の説明文が間違ってますよ。修正しときましょうか?」


私の脳味噌が処理できず、どんどんやるべきこと、やりたいことが溜まっていきます。これ以上メンバーが増えると、僕の体力気力が追い付かないのです。


③僕が主体で自由にやりたいから
僕はツイッター上では弱弱しい感じに見えるかもしれません。
実際に見た目と態度は弱弱しいのですが、内面は重度の自己中です。
恥ずかしい話、自分が良ければそれでいいという考え方が思いっきり行動にも言動にも出てしまいます。それを治そうとは思っていません。
人間関係について最初は良いのですが、付き合う時間が長くなるにつれて、僕の自己中心的な態度が嫌になり、離れていってしまう人は多いです。
不動産新人チャンネルでは、すべて僕が意思決定します。
もちろんメンバーから提案をもらったり、相談したりはしますが、全て僕が思った通りにやらないと納得できないタイプなのです。
思いついたらすぐ行動できる状態でないと僕はストレスを感じます。
今協力してくれるメンバーはみな、僕とちょうど良い距離感で接してくれています。メンバーについてはあまり熱が入ってしまうと僕と衝突するので、気楽な感じで割り切って、ビジネスパートナーとして接してもらっています。
なかなかそのような相性の良い人間を見つけることは難しく、今は見極める余裕もありませんし、人間関係を築く労力も割けません。


④人間関係を新しく築く余裕がない
不動産新人チャンネルでは台本が命です。
文章力、台本作成力がなければ納得いく面白い動画が作れません。
不動産新人チャンネルでは、どの動画をアップするか等については僕が全て決めています。動画を撮影して編集が終わった後でも、僕が面白くないと思った動画はアップしません。他のメンバーに相談なくボツにします。

現在主要メンバーである「ぷん次郎」君と「不動産営業Y・Nの日常」君は本当に素晴らしい台本を書きます。
2人とも僕と出会う前から、不動産営業マンとして働くだけではなく、noteやブログといった自分の商品づくりを頑張っていました。
思考も似たところがありますし、行動力もあります。
文章力が担保されており、行動力の証拠もあって、発信力もあって向上心のあるメンバーを集めるのはとても大変です。
そもそも信用できる人間なのかどうかは短期間ではわかりません。
今はコンテンツ作りに追われており、新しい人間関係をゆっくり築いている余裕が残念ながら僕にはないのです。

【メンタル崩壊】上司の一つ一つの言葉がパワハラ①はこちらです↓

以下、台本の公開になります↓

1 風邪を引いた不動産新人を虐める鬼畜係長

新人:鼻をすする音

「なんだろう。風邪でも引いたのかな熱もちょっとありそうだな。」

この言葉が鬼畜係長に聞こえている。

鬼畜:「どうした不動産新人。」

新人:「あ、いえ・・・」

鬼畜:「てめぇまさか風邪でも引いたんじゃないだろうな。」

怯えた感じで

新人:「だ、大丈夫です。」

鬼畜:「大丈夫そうに見えねえから聞いてんだろ。大丈夫ならシャキッとしろよシャキッと。」

不動産新人は頑張ってシャキッとしようとする。

鬼畜:「俺は風邪なんか引いたことねえぞ。気合い入ってれば風邪なんか引かねえんだよ。気合い足りねえんじゃねえの?

2 休日返上で働けよという圧力

新人:「あああ。どうしよう。今月もタコったら今後こそおしまいだ。」

頭を抱えた後に天を仰ぐ新人に遠くから歩いてくる課長。

課長:「おい、不動産新人!てめえ今月の数字どうなってんだ。酸素吸って吐いてるだけなんじゃないだろうな?

新人:「い、いえ。しっかり営業してますが、顧客との相性も悪くて・・・」

かぶせる感じで課長が怒る

課長「毎日毎日言い訳ばかりしやがって。そうやってあと何回言い訳するつもりなんだ?

新人:「申し訳ありません!」

課長:「まあいい。明日は水曜日だが、特別お前のために事務所のスペアキーを渡してあげよう。木曜日、朝一で私に返すんだぞ。」

テロップで不動産新人の上に「今週も休日出勤で14連勤かぁ」

引き続き、不動産新人の応援、よろしくお願いします。
お盆期間中は1日2本の動画投稿と決めてしまったので、
ブログ更新が追い付きません(涙)