【一度でいいからバズってみたい】もしも不動産新人営業マンのSNSアカウントが会社でバレたら『台本公開と近況報告』

YouTube「不動産新人チャンネル」に47本目の動画を投稿しました。

もうすぐ動画を50本アップになりますが、100本を公開するまでに、世間の認知を取る必要があります。
ツイッターもブログも開始して2年になりますが、僕は今まで一度もバズったことがありません。一度でいいから、何万リツイート、何百万いいねを経験したいという気持ちもありますが、収益的な側面から考えてもバズる必要があります。

チャンネル登録者数の収益化条件を満たしたとしても、しばらくは月に数千円程度の広告収益であろうことが予想されます。
どこかで一気に跳ねないかなと期待しながら、様々な角度からバズる要素のある動画を考え、量よりも質を意識した動画づくりをしていきます。


もしも不動産営業マンのSNSアカウントが職場で身バレしたら?↓

以下、台本の公開になります↓

もし不動産新人営業マンのSNSアカウントが社内で身バレしたら① 

・上司や会社への愚痴がバレて社内問題に発展

会社の犬課長「おい、不動産新人。」

不動産新人「は、はい、なんでしょうか。」

課長「ハイエナから聞いたけどよぉ、お前ツイッターやってるらしいな?」

不動産新人「え、え、い、いやーなんのことですかね~」

新人の心の声「ま、マズイ。僕のツイッターアカウントがついに会社にバレた!!ハイエナ先輩信用してたのになんで課長にバラすんだ!」

課長「ごまかすんじゃないよ!見た目のアイコンだってお前そっくりだし(不動産新人のツイッターのプロフィール画面を表示)、ツイートしてる内容もお前の業務内容に似てるじゃないか!」

新人「あ、え、あ、それはですね、ツイートは全部フィクションでエンターテイメントして~」

課長が遮って怒鳴る

課長「何意味の分からないこと言ってんだよお前。何がフィクションだよ。言い訳はいらねーんだよ。何がエンターテイメントだ。これどう見てもお前だよな?な?な?」

新人「あ、は、はい。」

課長「そうやってすぐバレる嘘つくからお前は客からも信用されねーんだよ」

新人「す、すいません。で、でも会社やお客様が特定されるような情報をつぶやいてるわけじゃないですし、ただの愚痴をツイートしてるだけなので法的に問題あることしてるわけじゃありませんし~」

課長「ゴチャゴチャうるせーんだよ。この糞上司ってなんだよ。この糞管理職ってなんだよ。俺のこと言ってんのか?部長のこと書いてんのか?会社への不満を毎日毎日ツイートしてるってか????

新人「す、すいません、で、でもふぇ、フェイクはいれてますし~」

課長「うるせーんだよ。いつもいつも言い訳ばかりしやがって。これ部長にも報告するから」

新人「ま、待ってください。スパルタ係長やホワイト先輩だってツイッターやインスタグラムやってるじゃないですか!今の時代にSNSやらない方がおかしいですよ!なんで僕だけ問題になるんですか?」

課長「お前さぁ、売り上げも作らない赤字社員が口答えする権利はねーんだよ。」

新人「は、はい」

課長「お前はねぇ、この会社の、トラブルメーカー、問題社員なのっ!」

新人「ええええええーーーーーーー」

・不動産新人のツイートを見て不快に感じた先輩社員がブチ切れる

バリバリ先輩「おいおいおい、不動産新人よぉ」

不動産新人「は、はい。」

バリバリ「お前のツイッターのアカウントの件で社内で問題になってんな~」

新人「は、はい・・・。でも僕はマナーや法的に問題あることをツイートしてるわけじゃないんですけどね。たまに愚痴ってるだけですし。」

バリバリ「てかお前のツイート見させてもらったけどさぁ、お前さぁ、俺のこと馬鹿にしてんの?

新人「え?僕が普段いろいろご指導してくださるバリバリ先輩を馬鹿にしてるわけないじゃないですか。どーいうことですか?」

バリバリが不動産新人の宅建不要論ツイートを見せる。そのツイート画面を表示

バリバリ「こんなツイートしといてよく言うぜ」

新人「げ・・・。」

バリバリ「宅建持ってない人間が?宅建不要論を語るのは痛いってか?これ俺のことディスってるんだよな?」

新人「そ、それは違いますよ!誤解です。」

バリバリ「お前は宅建持ってない人間を馬鹿にしてるんだろ?そんな性格悪い人間だから客からもお前は嫌われるんだよ!このツイート見て俺もお前のこと嫌いになったわ!

新人「ま、待ってください。そのツイートは本心ではないんですよ。宅建ネタって炎上リスクはあるけど、みんな興味のある話題なのであえて攻めのツイートをしただけで~」

バリバリが途中で割って入る

バリバリ「んなこと知らねーよ。あとなんだよこのツイート。」ツイートの画面を表示

バリバリ「これ俺のことだよな?」

新人「そ、それは落ち込んだ時に気分でしてしまったツイートで今は無意味に敵を作るツイートだったって後悔してるんです。今は考え方違いますし、僕も人間なのでたまには愚痴くらいいいじゃないですか、いやそもそも不動産新人はキャラ作ってやってるので僕ではないですし。」

バリバリ「お前俺のこと舐めてんだろ?おい。ゴラ」不動産新人の胸倉をつかむ。

新人「そ、そんなつもりでは」

バリバリ「とにかくもう俺はお前のこと嫌いだわ。もうお前に何も教えるつもりないから、もう話しかけないでくれ」

不動産新人「ええええええええーーーー」

・SNSなんてしてるからお前は契約できないんだよ

会社の犬課長&金魚の糞部長が仁王立ち

会社の犬課長「おい、不動産新人」

不動産新人「は、はい。」

金魚の糞部長「課長から話は聞いたよ。なんでお前が呼ばれたかはわかるよな?」

新人「あー、た、たぶん」

課長「お前のツイッターアカウント「不動産新人」(ツイッターのプロフィールスクショ画面を表示)のことだよ!ごまかそうとしてんじゃねーよ」

新人「すみません、正直僕の「不動産新人」アカウントのどこか問題なのかわからないんですが。会社が特定される情報や個人情報をさらしたり、法的にはもちろんですが、社会的マナーに反することもしてませんし、スパルタ係長やホワイト先輩だってSNSやってるじゃないですか。なんで僕だけこんなに問題視されるんですか?」

部長「ごちゃごちゃうるせーんだよお前は。」

新人「は、はいすみません。」

課長「今回はお前のSNSの話だけじゃねーんだよ。お前さぁ、もうどんだけタコ(契約ゼロ・売上ゼロ)なの?」

新人「え、あー、そ、それは・・・。」

課長「自分が何か月会社に貢献できていないのかも把握できてないのか?」

新人「す、すいません。さ、3か月タコです」

課長「だよねぇ、それを理解してる人の行動に思えないから俺たちは問題だと思ってんの!

新人「は、はぁ」

部長「お前よぉ、俺が現役のプレーヤーの時なんてさ、もう休みの日も関係なくポスティングしたり追客の電話してたぞ?お前みたいに契約もしないくせにツイッターで遊んでるとか、その仕事に対する姿勢が問題あると思ってんのよ

新人「は、はぁ、すみません。」

課長「それにお前これ仕事中にツイートしてねぇか?」

新人「そ、それはしてません。休憩中ですとか昼食とるときにたまにツイッターするくらいなので仕事中にやってるわけではありません。」

課長「あっそう。でもさぁ、俺からすると契約もないお前が?毎日毎日ツイッターでぼやいてるってさぁ、やる気がないとしか思えないんだよねぇ」

部長「俺もやる気ない社員に指導する気にはならないし、そんなやつと一緒に仕事はしたくないんだよ!」

新人「ちょっと待ってください部長。なんでツイッターしてるだけでやる気ない奴って言われるのかがわからないです。ただの趣味みたいなもので~」

部長「お前さぁ、さっきからああ言えばこー言うし、ゴチャゴチャ口だけは達者だけどよぉ、結果出てんの?え?」

新人「そ、それは・・・。」

課長「不動産営業は結果が全て。それはお前もわかってるよな?」

新人「は、はい。」

課長「会社に売り上げ作ってるなら俺もプライベートでお前が何しようが文句はねぇよ。ただな、お前は数字作ってねぇだろうが!」

新人「す、すみません。か、必ず今月中には契約を・・・」

課長「いつもいつもお前はそうやって同じ言い訳を」

部長「お前さぁ、このままでいいと思ってんの?結果出てない以上は毎日の行動を変えないとダメなんだよ

新人「はい・・・。」

部長「ツイッターなんてやってるから、お前はダメなんだよ。ツイッターなんかやってるからお前は結果が出ないんだよ!

課長「お前がほんとにこの会社で稼ぎたいって気持ちがあって、今の仕事に対する姿勢のままじゃダメだって自覚があるのなら、ツイッターはもうやめなさい。

新人「は、はい・・・。」