【不動産新人チャンネルが4カ月で収益化できました!】実務で使う不動産業界用語38連発 <不動産専門用語&略語はいつどう使う?>『台本公開と近況報告』

YouTube「不動産新人チャンネル」に69本目の動画を投稿しました。

不動産新人チャンネルは、2020年7月23日より動画をアップしておりましたが、
チャンネル登録者数が1000人を達成し、動画視聴時間4000時間もクリアすることができました!
そしてついに2020年11月13日にYouTubeパートナープログラムへの参加が承認されたのです!!(つまり収益化審査クリア!!!

不動産新人チャンネルのコメント欄に応援コメントをくれたり、ツイッターでも応援ツイートや、拡散をしてくださった方には本当に感謝です。
ありがとうございます。引き続き応援よろしくお願い致します。

やっとユーチューバーとしてのスタートラインに立てた気持ちです。

あとはコツコツ淡々と自分が面白いと思ったコンテンツを作り続ける。
自信はあります。あとは行動して、継続あるのみ。

ただ来年からは少しYouTubeはペースを落として、
週一更新にしていく予定です。少し疲れました(笑)

4カ月で収益化できたという事実は、割と今のところは、王道の成功ルートを進めているのではないかと思ってはいます。
ただ登録者1000人程度では、月の広告収入は数千円がせいぜいでしょう。
それでは夢がありませんから、来年はバズるコンテンツを狙ったり、法人案件獲得のために僕らの人間を徐々に売っていく戦略に挑戦する予定です。

実務で使う不動産業界用語動画①↓

以下、台本の公開になります↓

【新卒向け】実務で使う不動産業界用語38連発(不動産専門用語&略語はいつどう使う?)
適当なオフィスの背景

会社の犬課長「不動産業界には多くの業界用語、専門用語があります。不動産の新人営業マンは最低限、このくらいの用語は押さえておかないと、会話にならないぞぉぉおおおおおお?」

・初心者&基礎編(契約前の上司と部下の会話)(小タイトル)

違うオフィスの背景

鬼畜係長「おい、不動産新人、今週契約予定の①区分は資料全部揃ったのかよ。」

不動産新人「そ、それがですね、今管理会社に②重調を取り寄せてまして、③管積も今後変更がないか確認中です。」

鬼畜「なんでまだ資料が揃ってないんだよ。そもそも④物元が資料を持ってないことがおかしいだろ。」

新人「元付けが地場の小さい不動産業者なんで、結構いい加減なところが多くてですね」

鬼畜「言い訳してねーで、⑤分かれなんだしモタモタすんなよ。さっさと⑥売契⑦重説作って次の案件作れや!」

新人「はい!すみません」

鬼畜「そもそもなんでマンションの⑧反響で、⑨両手で決められないんだよ。お前の案内の仕方が悪いから⑩仲手が片手になっちまうんだろうが!⑪まわし物件ちゃんと見せたのかよ!」

新人「ちゃんと回し物件もご案内はしたんですが・・・。す、すみません。今から⑫物調も行って、契約書作れるだけ作ってしまいます。」

鬼畜「役所行くなら法務局で謄本とかも全部取り直して来いよ。⑬固都税の清算もミスがないようにな!あれ、そういえばその客って健康面でネックがあったんだっけ?」

新人「あーただ詳しく聞いたら大きな病気ではなくて、⑭団信は問題なく入れそうですし、⑮個信も問題ないです。⑯事前も通ってますし」

鬼畜「あっそ。元付けがいい加減な業者かもしれないから不備のないようにしっかりやれよ!」

新人「はい!」

①区分とは、区分マンションの略

②重調とは、マンションの「重要事項調査報告書」の略

③管積とはマンションの管理費と修繕積立金の略

④物元とは、この場合売り主側の仲介業者を指す。「元付け」ともいう。

⑤分かれとは、不動産の売買に2社の不動産会社が関わっている場合の仲介手数料の配分を指す。元付け業者は売主から、客付け業者は買主から仲介手数料を受領する。「片手」ともいう

⑥売契とは、「売買契約書」の略

⑦重説とは、「重要事項説明」の略

⑧反響とは、物件のお問い合わせをしてきた見込み客のことを指す

⑨両手とは、買主と売主の両方から仲介手数料を受領することを指す

⑩仲手とは、仲介手数料の略

⑪まわし物件とは、顧客に買ってもらいたい本命物件(決め物)の引き立て役として利用する物件のことを指す。当て物、まわしともいう。

⑫物調とは、物件調査の略

⑬固都税とは、固定資産税と都市計画材の略

⑭団信とは、住宅ローンを借りる際に加入する団体信用生命保険の略

⑮個信とは、個人信用情報の略

⑯事前とは、住宅ローンの事前審査の略

・基礎&応用編(不動産仲介業者と不動産買取業者の会話)(小タイトル)

違うのオフィスの背景

不動産新人「お世話になっております。一発逆転不動産の不動産新人です。」

テンバイ不動産社員(電話のみ)「不動産新人さんお世話になっております。」

新人「実は昨日なんですが、テンバイ不動産様が好きそうな港区の土地案件を預かりまして」

テンバイ「おおーぜひご紹介ください。①一種いくらくらいですか?」

新人「一種200万円です。先ほどメールで資料送らせていただきました。とても場所が良いのですが、③旗竿地なんですよねー。テンバイ不動産様なら癖のある物件がお好きかなぁと」

テンバイ「あ、メール確認しました。ありがとうございます。あー④敷延っていうか⑤ドンツキっすかー。これ私道ですよね?⑥セットバックはしてます?⑦私道の持ち分はあるんですよね?」

新人「既に後退してますよ。持ち分もありますね。ただ現況⑧S造⑨上物が建っちゃってるんですよね。昨日現地見て来たんですが、あれは解体するしかないとおもいます。」

テンバイ「⑩更地にするのに解体費用かかりそうだなーその案件。場所的に⑪建売はまず無理だし、出口がなー。」」

新人「そうですよね。ただ立地的に単純に坪単価で見れば格安で⑫専任取れたので」

テンバイ「⑬残債あるんですか?」

新人「ないです。相続案件で売り主目線はザックリ1億って言われてます。」

テンバイ「強気ですねー。それは結構な⑭指値することになりそうですが、ぜひ検討はさせてください。」

新人「ありがとうございます。⑮買付けもらえれば持っていきますので。」

テンバイ「でもこのエリアだと、ちょうど今⑯エンドで探してる人いた気がするなー」

新人「あれ、御社って⑰買取再販だけじゃなくて仲介もするんですか?」

テンバイ「ああ、ウチ仲介はあんまりしなくて基本⑱三為ですね。」

新人「あー中間省略はダメなんですよね。最近会社のコンプラがうるさくって。一回登記していただいてからじゃないと。」

テンバイ「最近厳しいっすよね。まぁ場所はいいですし、ウチで一旦⑲抱いてから、エンドに売りますわ!」

新人「あーちなみに⑳専任返しもらえたりしませんか?ちょっと他業者にも振ってて」

テンバイ「あー再販っすかー。21ひも付きになるのウチの社長が嫌がるんですよねー。」

新人「そうですかー。」

テンバイ「あ、でもまとめてくれたら不動産新人さんに22個人バック渡しますよ。」

新人「あー今キックバックはお断りしてるんですよね。バレたらクビですよ」

テンバイ「まぁそこはお互い上手にやりましょうよ。他にも都心で土地案件あったらご紹介ください。郊外は最近23シコってる物件多いので目線は厳しいんですけどねー」

違うオフィスの背景

会社の犬課長「不動産業界で働くつもりなら、これくらいの不動産用語は頭に入ってねーと生き残れねーんだよ!今回の企画が好評なら「実務で使う不動産業界用語集第二弾」もやるから、どんどんコメントしなさい!」

①一種とは、土地の坪単価を容積率で割ったもの

②削除。

③旗竿地とは、土地の間口が狭く、土地の形が竿につけた旗のような形状の物件を指す。敷地延長や路地上敷地ともいう。

4、敷延とは、敷地延長の略

5、どんつきとは、道路の突き当たり、行き止まりに位置する物件のことを指す

6、セットバック(SB)とは、建物を建築するために必要な道路幅の確保のために道路から土地を後退させることを言う。

7、ここでの持ち分とは、前面道路の一部を所有しているかどうかを指す。

8、S造とは、鉄骨造の建物のことを指す

9、上物とは、土地の上に建物が存在しているとき、この建物を「上物」と呼ぶ。

10、更地とは、建物等が存在しない土地のことを指す

11、建売とは、不動産会社などが土地を仕入れて住宅を建設し、土地と住宅をセットで販売するもの。建売住宅の略

12、専任とは、専任媒介の略

13、残債とは、ローン返済中のまだ返済していない借入金の残額のことを指す。

14、指値とは、買主が希望する購入価格を提示し、値下げ交渉することを指す。

15、買い付けとは、物件購入の申し込み書、買付証明書、書面での購入の意思表示を指す

16、エンドとは、物件の流通過程における最終的な消費者を指す

17、買取再販とは、物件を買い取り、付加価値を付けるなど再販して利益を出すことを指す。

18、三為とは、第三者のためにする契約、「中間省略登記」のことを指す

19、ここでの「抱く」とは、一旦不動産業者が物件を購入することを指す

20、専任返しとは、不動産会社が物件を買い取った後、情報提供者である仲介会社に再度販売を依頼する事をいう。売り返しともいう。

21、ひも付き物件とは、建築条件やローン条件など契約に条件が付いている物件のことをいう。今回は契約後に専任媒介を結んで再販することを指す。

22、個人バックとは、営業担当者個人が仲介手数料とは別に報酬を受け取ること。キックバックや担当ボーナスともいう。

23、シコルとは、自社物件の在庫が長期で売れ残っていることを指す