【僕は口を閉ざします】契約準備あるある『台本公開と近況報告』

YouTube「不動産新人チャンネル」に66本目の動画を投稿しました。

いよいよ、この不動産新人チャンネルもチャンネル登録者数が940人に達し、
総再生時間も3000時間後半を突破しました。
ついに収益化まで、あともう一歩の段階です。

2020年の7月23日からユーチューバーデビューしましたが、
不動産営業マンとして働きながら66本の動画をアップするのがどれだけ大変か・・・

この4カ月を表現するならば、丸一日部活動でシゴかれて、クタクタで家に帰ってきてから受験勉強に励むような生活をしています。

僕だけでなく、メンバーみんな今も大変だと思います。
喧嘩別れしたメンバーもいますし、人生なかなか思い通りにはいきません。
でもやっと念願のチャンネル登録者数1000人まであと少しまで来ました。
若干病んできていますが、腐らずに自分が正解だと思う手法で淡々とやるべきことをコツコツ継続あるのみ
YouTubeも不動産営業のメンタルでやり切るつもりです。

別件ですが、これからより話題になりそうな、
大手不動産会社によるメンバーへの発信者情報開示請求の騒動。

この騒動につきましては諸事情により、僕はしばらく口を閉ざします。

騒動が落ち着き次第、すべての経緯とレポートを今回の騒動の当事者であるメンバーに一番近い立場の僕の視点からまとめる予定です。

とにかく僕はしばらく静かにしておきます。
この大チャンス、お金さえあればなぁ・・・
とつくづく思う毎日です(涙)

今回の騒動につきましては、メンバー単独の投稿が原因であり、所属する不動産新人チャンネルは無関係です。

【契約準備あるある】↓

以下、台本の公開になります↓

契約準備あるある(不動産営業マンはつらいよ)

・『不備があり何回も役所調査』

オフィスに帰ってきた不動産新人

新人「よーし、一通り役所調査も終わったし、法務局で資料も全部取得したし、今から気合い入れて2時間で契約書完成させるぞー。あ、し、しまった。今回の物件って一部計画道路にかかってる物件だった。げ、しかも課長から言われたこと建築審査課で確認してくるの忘れてた。電話でなんとか解決できないかな」

電話する新人

職員「はい、区役所の建築指導課です。」

新人「あーすみません、不動産の再建築についての質問なんですが、建築審査課の山本さんってまだいらっしゃいますか?」

職員「少々お待ちください」

職員「はい、お電話代わりました山本です。」

新人「すみません、先ほど山本様に赤羽の土地の件でですね、再建築についていろいろ教えていただいた者なんですけど~」

職員「あーさっきの二項道路の人ですよね?ちょっと測量図とか資料見ながらじゃないと電話じゃ判断できないです。」

新人「あー、じゃあ今からお伺いします。」

新人の心情「もぉぉおおおおお、また役所行くのメンドクサイよぉぉおおおおおお」

・『ハンコの持ち出しができず、焦る』

不動産新人「ふぅ。契約までのスケジュールがキツキツなんだけど、何とか間に合いそうだ・・・よし。買主の業者に一応契約当日の持ち物とか案内しておこうかな。」

プルルルルルル

新人「お世話になっております。一発逆転不動産の不動産新人です。」

買取業者「お世話になっております。」

新人「明後日の契約の持ち物の案内で電話したんですが、商業謄本の原本と社判とゴム印とかお願いしますね。」

業者「あれ?言ってませんでしたっけ?うちハンコ持ち出しできないんですよね。」

新人「えっあっ、ハンコ持ち出しができないって、どういうことですか?」

業者「いやそのまんまの意味ですよ(笑)契約にハンコとか持っていくことができないんで、事前に製本してもらったものを持ってきてもらわないと・・・」

新人「えっあっ、てことは明日中に製本したものを御社にもっていかないとってことですか?!」

業者「明日中というか社長がいないとハンコ押せないんで、明日の17時半までですね。」

新人「わ、分かりました。何とかそれまでには持っていきます・・・」

業者「はい、よろしくお願いしますね。」

新人の心情{ど、どうしよう、どうしよう。明日の午後に鬼畜係長に書類見てもらって、夕方以降修正して、明後日の午前中に最終チェック受けて製本をするつもりだったのに・・・。とりあえず鬼畜係長に相談しなきゃ・・・}

新人「鬼畜係長すいません。今、よ、宜しいですか?」

鬼畜係長「あ!?何だよ!てかお前明日の午後にちゃんと書類出せるんだよな?!しっかりしたもの出さないとぶっ〇すかんな!!」

新人「は、はい・・・その書類の件なんですが、明日の午後だったのを午前中に見てもらって、修正を午後に見てもらうってできますか・・・・・?」

鬼畜「あっ!?なんでだよ?!お前が明日の午後に見てくれって言ったんだろーが。」

新人「それが、明後日の契約の買主、ハンコ持ち出しができないらしくて、明日の午後までに製本した売契とか届けなきゃいけなくて・・・」

鬼畜「おいおい!ハンコ持ち出しできるかなんて最初に確認しておくことだろーが!!契約スケジュールにもかかわってくるのに何で確認してねーんだよてめーは!」

新人「も、申し訳ありません。」

新人の心情{うわああああああああああああ、色々とうまく予定組めてたと思ってたのにいいいい}

・『相手から直前に重要事項説明に指定の文言を入れてほしいと依頼がある』

新人「ふぅ。何とか重要事項説明書と売買契約書も上席の精査を受けて、完成したぞ・・・。早速完成した書類を買主に送らなきゃ!}

プルルルルルル

テンバイ不動産「お世話になっております。テンバイ不動産の加藤です。」

新人「お世話になっております。不動産新人です。今度の契約の重要事項説明と売買契約書をメールでお送りしましたので、ご確認ください。」

業者「あっちょうどメール確認しました。・・・あれ?不動産新人さんにうちの重説の文言送ってなかったでしたっけ?」

新人「えっ、あっ、どういうことですか?」

業者「いや、重説に入れてもらわなきゃ困る文言とかを事前にメールで送ってますよね?条件合意した後にうちの重説の表紙とか宅建氏の番号とか送ったメールに一緒に入れてますよね?」

新人「ほ、本当ですか。今確認させていただきます・・・」

新人の心情{え、嘘でしょ・・・せっかくめっちゃ細かい上司の精査受けた後に変更とか絶対にしたくないよ・・・}

新人「あっ、す、すいません。今確認させていただきました。これって絶対入れないとまずいですけね・・・?」

業者「そうですね。それは入れてもらわないと困りますね・・・」

新人「そ、そうですよね・・・分かりました。入れたやつをまた送りますね・・・」

業者「はい。よろしくお願いしますね。」

~1時間後~

新人「鬼畜係長、申し訳ありません。書類の精査お願いします・・・」

鬼畜「あっ、お前これ昨日見て精査した奴だろーが!なんでまた同じ奴出すんだよ!?」

新人「買主から修正依頼が来まして・・・」

鬼畜「あっ?!てめーどうせ入れてほしいって言われてた文言忘れてただけだろーが!?なんで最初に確認しておかねーんだよ!?二度手間だろーが!?」

新人「も、申し訳ありません。」

新人の心情{こうなると思ったよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお}

【思考と現実】
YouTubeもついに念願の収益化目前ですが、
本業である不動産営業の調子も悪くありません。
むしろ本業のほうが忙しい・・・
嬉しいのか嬉しくないのかよくわかりませんが、
本業で稼げれば動画編集費用に突っ込めるので良いことなのかも・・・