【勉強不足】営業マンの知識不足で契約が飛ぶあるある『台本公開』

YouTube「不動産新人チャンネル」に92本目の動画を投稿しました。

【勉強不足】営業マンの知識不足で契約が飛ぶあるある↓

以下、台本の公開になります↓

営業マンの知識不足で契約が飛ぶあるある

〇重説時の説明でつっこまれる

不動産新人{ふぅ。細かいお客様だったけど、なんとか契約までもちこめたぞ。後は今日重説をおこなって、契約するだけだ。あとちょっと頑張ろう!}

ガバガバ事務ちゃん「不動産新人君、今日契約の買主様がいらっしゃいました!」

新人「分かりました!今向かいます!」

応接室っぽい背景

お客様「不動産新人さん、本日はよろしくお願いします!」

~重説時~

応接室っぽい背景

新人「で、次が契約不適合責任についてですが、こちらは契約内容について不適合の内容があった場合に、買主様である安藤様が売主様宛に請求できる権利のことで、引き渡しから3ヶ月間契約内容に不適合があれば請求することができます。」

お客様「不動産新人さん、宜しいですか?契約不適合って引き渡しから3ヶ月なんですか?今回の売主様って不動産業者様なので、2年間なのではないですか?」

新人「あっ、本来は業者様が売主の場合は二年間なのですが、今回は売主様の希望で通常定められる3ヶ月のままでお願いしたいとのことで、そうなっているんですね。」

お客様「あれ?でも宅建業者が売主の場合は、宅建業法の規定で引渡しの期間を2年以上にする場合を除いて、買主に不利となる特約等は定められないってネットで調べたら書いてあったんですが。」

新人「あっ、えっ、そそれはですね。申し訳ありません。一度上席に確認してまいりますので、少々お待ちくださいませ。」

お客様「は、はぁ。」

オフィスの背景に切り替え

新人「会社の犬課長、よ、宜しいでしょうか?」

会社の犬課長「なんだよ!ん?不動産新人、お前契約中だろうが!?どうしたんだ?!」

新人「じ、じつは今重説の説明中で、お客様から契約不適合の説明をしてる時に質問をもらいまして・・・・この部分なんですが・・・」

犬課長「ん?お前なんで売主宅建業者なのに一般消費者用の重説で作成しているんだ!?売主宅建業者だろう?!それに契約不適合責任は業者が売主なら2年未満にできないだろうが!?」

新人「あっ、そ、そうなんですね。も、申し訳ありません。し、知りませんでした。」

犬課長「なんで知らないんだよ?!お前宅地建物取引士の資格持ってて、不動産屋のプロだろうが!?」

新人「も、申し訳ありませんでした。」

犬課長「こんな契約書じゃ契約できないだろうが?!お客様には謝罪をして、別日で契約日をセットしてこい!」

新人「わ、分かりました。。。」

応援室っぽい背景に切り替え

新人「大変お待たせいたしました。。。。も、申し訳ありませんでした。安藤様のおっしゃる通り売主が宅建業者のため、契約不適合責任期間は2年以上が正しかったです。またそれに合わせて契約書の書式も変える必要があるため、後日再度契約日を決めさせていただければと思うのですが。。。。」

お客様「はぁ。分かりました。」

~後日~

オフィスの背景

プルルル

新人「はい一発逆転不動産の不動産新人です。」

お客様(もう一度テロップ)「新人さん、お世話になっております。この前契約日を変更させていただいた安藤です。」

新人「安藤様お世話になっております。どうされましたか?」

お客様「申し込みをした物件の契約が来週の月曜日に変わったと思うんですが、その購入自体をキャンセルさせていただきます。

新人「えっ、あっ、ど、どうされました?な、何かトラブル等ありましたでしょうか?」

お客様「いや人生の中でも大きな買い物でもある不動産の購入で、前回のようなミスがある不動産会社で頼んでよいものか考えてしまいまして。」

新人「そ、その件は大変申し訳ありませんでした。今度は上席にも何度も確認をしてもらい、契約書等に問題がないか確認をしてもらいましたので。。。」

お客様「いや契約書がどうのこうのではなくて、そういうミスが出てしまうこと自体が信用できないっていうことです。ということで、申し訳ないのですが、売主様にもキャンセルでお伝えくださいませ。では。ブチ」

ツーツー

新人「そ、そんな。。。」

新人{どうしてこうなるんだよおおおおおおおおおおおおおおおおおお。とてもじゃないけど、会社の犬課長に報告できないよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお}

※プロとしての行動を心掛けましょう!不動産の売買をするうえで、「知らなかった」では済まされません。