【早速アンチ登場】物件探しに対する夫婦間の温度差あるある『台本公開と近況報告』

YouTube「不動産新人チャンネル」に4本目の動画を投稿しました。
開始から4日で早くもチャンネル登録者数150人を達成し、
いいねやリツイートで拡散して応援してくださる人たちには本当に感謝です。

何人か友人からも連絡がありました。
「仲間に入れて欲しい。楽しそう」
「何か協力できることあったら声かけて」

「これ正直不動産より面白い」
「間違いなくヒットすると思う」
「リアルすぎて面白い。」

僕も自信があります。
自分が一番自分達の動画を見てるし、自分の作ったnote漫画を読んでいます。自分自身が一番自分の作品のファンだと思います。
ですが今回のYouTubeに関してはビジネスとして挑戦しています。

仲間内だけで盛り上がるだけの自己満足で終わらせるわけにはいきません。

チャンネル登録者数を増やし、広告収入を得て、チャンネルを基盤によりビジネスの可能性を広げていく。そのための挑戦になります。

チャンネル登録者数の伸びが順調な一方で、
根拠もなく決めつけた心ないアンチコメントを書かれ、今はコメント数が少ないため大変目立ち、心に少し傷を負うという出来事もありました。
今後は「不動産新人チャンネル」が認知されるにつれ、もっとアンチが増えていくと思います。
時にはリスクを取って攻めた企画もしていかなくてはいけません。

誰にも相手にされない人は誰かに噛みついて相手してもらうしかない。

とアンチコメントを書き込む人の気持ちを考えて、相手にしないことを意識して挑戦し続けようと思います。

4本目の動画
「物件探しに対する夫婦間の温度差あるある」はこちらになります。↓

以下、台本の公開です。

①物件探しを奥様だけが勝手に盛り上がってる

物件の目の前の背景。

不動産新人「いかがでしょうか、鈴木様のご要望にぴったりの物件かなと。」

お客様奥様「いい物件ですね。この物件買いたいです。どうしたらいいですか?」

新人「気に入っていただきありがとうございます。諸費用のお話などもさせていただきますので是非会社までお越しください。」

客「今まで見た物件の中で、一番気に入りました。やっといい物件が見つかってうれしいです。」

新人「それはよかったです。」

客「不動産新人さんにはもう半年以上も物件探しに付き合っていただいてありがとうございます。」

新人「いえいえ」

客「この物件早く押さえないといけませんよね。他の人に取られちゃう。」

新人「早くお申込みして購入の意思表示を売主様にしましょう。その後ご契約していただき手付金を打っていただければ法的にも物件を押さえた状態といえますので」

客「はい!明日主人と会社まで伺ってもいいですか?」

新人「ぜひぜひ。明日だとお時間いつが都合よろしいでしょうか。」

客「主人と相談して今日の夜お電話しますね。」

新人「承知いたしました。お待ちしております。」

~5時間後~

電話が鳴る

新人「はい、不動産新人です。あ、鈴木様今日はご見学ありがとうございました。」

客の声だけ「すいません不動産新人さん、実は主人に相談したんですが・・・。」

新人「明日であればいつでもお越しいただいて大丈夫ですよ。」

客「それが大変申し訳ないのですが」

新人「ど、どうされました?」

客「主人に今は物件を購入する状況じゃないんじゃないかと言われてしまって

新人「そ、そんな・・・。あれしっかりご主人様ともご相談されてたんじゃ」

客「この不景気で世の中どうなるかわからないときに、急いで家を買う必要ないだろって言い張るんです。ローンを組むのは主人なので私からは強く言えなくて

新人「そ、そんな・・・。奥様が気に入っていただけているんでしたら、ぜひ明日ご主人様にも説明させていただきますので会社までお越しください。買う買わないは別ですから。詳しいお話を聞くだけでも参考になると思いますし。」

客「主人はしばらく忙しいみたいなんです。今は物件探しどころじゃないみたいで。半年もたくさん物件案内してくれたのに本当にごめんなさい。しばらく物件探しは中止します。」

新人「そ、そうですか。」ガチャ

新人「うおーー、奥様だけ勝手に家探しで盛り上がってただけだったのかぁぁぁああああーー」

②買いたい奥様と買う気のないご主人

物件の目の前っぽい背景

不動産新人「初めまして。このたびはス〇モから新築物件のお問い合わせありがとうございました。」

奥様「よろしくお願いしますね!」

主人「はい。」

新人「ちなみにこのあたりのエリアでお探しだったんですか?」

奥様「そうなんです。すごくいい新築だなと思って。」

主人「ま、まぁ今後の参考にね。」

新人「ではぜひ室内ご見学ください。」

物件の室内っぽい背景に変わる

奥様「まぁ、広いリビング、キッチンも素敵ですね。」

新人「こちら人気のタ〇ラスタンダード製のキッチンになります。」

奥様「大きくて料理もしやすそう」

主人「キッチンなんて中古の安い物件買って自分たちで変えた方がいいものはいるんじゃないの?

奥様「でもこの前あなた中古物件はリスクが高いとかってずっと言ってたじゃん。でも新築なら安心なんでしょ?」

主人「別に新築なら買うと言ってはいないけどさ

奥様「あっそ。不動産新人さん、この物件リビングは何畳あるんですか?」

新人「18畳ございますよ。」

奥様「それだけあったら十分ですね」

主人「・・・」

奥様「あなたどう?この物件この前見た物件よりよくない?」

主人「そりゃ新築のが綺麗だけどさぁ、やっぱ中古のが安いしなぁ。」

奥様「じゃあやっぱり中古で探す?」

主人「いや、そもそも今って物件買うタイミングとしてどうなんですか?コロナの影響で今後の見通しもわからないですし

奥様「不動産価格とかってどうなりそうですか?」

新人「不動産価格が上がるのか下がるのかは誰もわかりませんよね。プロの予想も正直あてになりません。でも物件は売れてるんですよ。ちなみに今回どういったご理由で物件を探されてるんですか?」

奥様「やっぱり賃貸で毎月家賃を払うってもったいないじゃないですか~。子供もいますし、高齢になってから賃貸も探すの大変って聞きますし」

主人「ただ、今の日本の状況だとまだ賃貸に住んでたほうがいいんじゃないかぁ。

奥様「ちょっと話が違うじゃない!子供に資産を残してあげた方がいいでしょ?」

主人「そうだけど、この時代に35年ローン組むってさぁ。転職も当たり前の時代だしさぁ。」

奥様「何言ってるのよ。あれだけ話し合ったのにまだ納得いかないの?」

主人「そんな急いで物件決めなくても~

新人の心の声「うわー、夫婦間の家探しに対する温度差が酷いな。こりゃ契約になる気がしないよぉぉおおー」

引き続き不動産新人の応援よろしくお願いします!