【営業なのに事務員扱い】不動産女子営業あるある6『台本公開』

YouTube「不動産新人チャンネル」に95本目の動画を投稿しました。

【営業なのに事務員扱い】不動産女子営業あるある↓

以下、台本の公開になります↓

・営業なのに事務員扱いされる率高め

オフィスにて

ハイスペ女子ちゃん「よーし、明日は案内が2件あるし気合い入れて資料準備しなくちゃ」

ハイエナ先輩「お疲れ、ハイスペ女子ちゃん。あのさ、悪いんだけど、この後来客あっからさ、お茶だししてくれない?」

ハイスペ「わかりました!」

〜違うオフィスの背景〜

ポンコツ先輩「ねぇねぇハイスペ女子さん、ちょっと明日急に契約があるからさぁ、収入印紙買っていてもらえる?」

ハイスペ「え、あ、はぁ。わ、わかりました」

〜違うオフィスの背景〜

ピンポーンの音

金魚の糞部長「あれ、宅配便か?んー、あ、ハイスペ女子ちゃん行ってきて」

ハイスペ「わかりました!」

~違うオフィスの背景~

ハイエナ「あーごめんハイスぺ女子ちゃん、あのさ、謄本、公図、建図とか資料一式、人類滅亡不動産までファックスしといてくんない?あーあと俺の専任物件なんだけどさ、価格変更したからポータルサイト更新しといてよ。いつもごめんね!」

ハイスペの心情「もぉおおお!女の子に頼みやすいからって営業なのに事務員扱いしてくる男達ウザイんですけど!

・「だから女は」とだけは言われないように常に気を張っていたら疲れてしまう

オフィスの背景

ハイエナ先輩「ねーハイスペ女子ちゃんさ〜最近なんか顔が怖いよ」

ハイスペ女子ちゃん「え!?は、ほんとですか?気づきませんでした!」

ハイエナ「無症状っていうか固いっていうか、なんか周りに壁を作ってるみたいで、ハイスペ女子ちゃんの良さが封印されちゃってる的な」

ハイスペ「そういえば最近笑顔がなかったかもしれません。余裕がなくなっていました。ありがとうございます。」

ハイスペの心情「はぁ、「女の癖に」とだけは言われたくない意識が強すぎて、気を張っていたら疲れちゃったよぉおおおおお」

  • つらい時に毎回訪れる自分探しの旅

ハイスペ女子ちゃん「はぁ今月めちゃめちゃ案内たくさんあって忙しかったのに、一向に成果が出ないなぁ。自分のやっていることが成果につながらない状況ほどつらいものはないよなー」

ハイエナ先輩「お疲れハイスペちゃん!どうしたの?元気ないじゃん。俺なんて今月もう2件も契約予定あってさ」

ハイスペ「ハイエナ先輩はさすがですね!」

ハイスペの心情「はぁ、やっぱり男の営業にはどうやっても勝てないのかなぁ、体力的な差はあるし、ライフイベントへのかかわり方や向き合い方とか男性とは違うしなぁ」

ハイエナ「なんか最近のハイスペ女子ちゃんさー笑顔がなくなっちゃったよね。あの入社したてで目をキラキラさせてたハイスペちゃんはどこいったの?ってレベルで別人に見えるよ。元気出す為に俺と飲み行こう!」

ハイスペ「あーそれは遠慮します。」

ハイスペの心情「うーん、将来的なこと考えても、家庭や介護との両立をしながら営業の仕事を続けるのは難しいだろうし、このまま営業を続けていていいのかなぁ。会社の役に立ててないのが申し訳ないし、自分を必要としてくれる場所はどこなんだろう」