【鬼滅の刃×不動産営業】不動産会社の月末の刃『台本公開』

YouTube「不動産新人チャンネル」に86本目の動画を投稿しました。

人気アニメ鬼滅の刃に便乗したパロディ動画はこちら↓

以下、台本の公開になります↓

【鬼滅の刃×不動産営業】不動産会社の月末の刃

不動産新人「不動産新人の呼吸!壱ノ型!長時間労働!

不動産新人「あぁ、本当なら今週契約予定だったのに、いきなりお客様のご両親の反対のせいでキャンセルになるなんて。」

契約が壊れるときには、いつも血の匂いがするby不動産新人」

鬼畜係長「おい、不動産新人!もう月末なんだぞ!なんでお前だけいっつも契約ゼロなんだよ。お前は気合いが足りねーんだよ!」

新人「す、すみません、鬼畜係長。契約が直前で流れてしまって」

鬼畜「そんなことは知ってんだよ!いくら契約が欲しいと願いを叫んだとしてもよぉ、客に選択肢を与えた時点でその願いは叶わないのが現実なんだよ!

生殺与奪の主導権を客に握らせるなby鬼畜係長」

新人「す、すみません」

鬼畜「客と冷やかしの区別もつかないなら不動産営業なんてやめてしまえ!!」

新人「あのお客様は冷やかしなんかじゃありませんよ!鬼畜係長に何がわかるんですか!」

鬼畜「何お前結果も出してない奴が口答えしてんだよ!もっと謙虚になれよ!失っても失っても生きていくしかないんだよ。どんなに打ちのめされようとも

新人「そ、そうですよね。すみません。僕はずっとどうしたら契約ができるのか考えていました。だけどそんな都合のいい方法はない。近道なんてなかった。足掻くしかない。今の自分ができる精一杯で前に進む。どんなに苦しくても悔しくても

鬼畜「契約というものは頑張ったからといってできることではない。胸を張って生きろ。己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと心を燃やせ。歯を食いしばって前を向け。お前が足を止めていても時間の流れは止まってはくれない。共に寄り添って悲しんではくれない。

新人「はい!」

鬼畜「人は自分ではない誰かのために信じられないような力を出せる生き物なんだよ不動産新人。1番弱い人が1番可能性を持ってるんだ。誰かが「会社を辞めたいです」なんて言いだしたら皆で止めような!」

新人「はい!」

鬼畜「おい、ポンコツ」

ポンコツ先輩「は、はい。何でしょうか、鬼畜係長」

鬼畜「退職者になったお前を俺はもう仲間とは思わない。」

ポンコツ「え」

新人「ポンコツさぁぁぁああああああああああん!

タイトル:不動産仲介の呼吸

会社の犬課長「おい、鬼畜、なんでお前の部下の不動産新人は、いつまでたっても契約できねーんだよぉ。上司であるお前の指導が悪いんじゃないのか?」

鬼畜係長「申し訳ございません。」

課長「不動産新人は声も小さいし、あんな奴じゃ営業の仕事なんてやっていけねーよ。早く自主退職させる方向で仕向けろよ」

鬼畜「し、しかし」

課長「なぁ、鬼畜、お前もいつまでも係長じゃ嫌だろう?」

鬼畜「そ、それは・・・」

お前も課長(鬼)にならないか?by会社の犬課長」

鬼畜「い、いえ、もしも不動産新人が今月契約できなかった場合は、私鬼畜が腹を切ってお詫びいたします。俺は俺の責務を全うする。ここにいる者は誰もタコらせない!

※タコとは、契約ゼロ、売上ゼロの状態を指す

課長「鬼畜もお前、部下の数字だけでなく、自分の数字も作っていかねーと、またプレイヤーに戻すからな?」

鬼畜「はい。承知しております。」

鬼畜「鬼畜の呼吸!弐ノ型!『専任媒介!

鬼畜「おい、不動産新人。俺の専任物件の対応をお前がしろ。契約になったら付けてやるから」

新人「え!鬼畜係長の専任物件なのにいいんですか!?」

鬼畜「私と売主の専任(絆)は誰にも引き裂けない!!

新人「ああ、また鬼畜係長に守られてしまった。僕は人に守られてばかりだ。でもこのままこの不動産営業の仕事を続けて、僕は結果が出せるようになるんだろうか」

鬼畜「弱気なこと言ってんじゃねぇ。契約できるかできないかなんてくだらないこと言うんじゃねぇ。信じると言われたなら、それに応えること以外考えんじゃねぇ!

新人「はい!」

鬼畜「そして今度はお前がこの一発逆転不動産を支える柱となるのだ。俺は信じる。お前を信じる。」

新人「はい!契約が壊れていても、僕が挫けることは絶対にない!僕は幸せになるために生まれて来たんだ。 契約(血)を採る。必ず採ってみせる!

電話が鳴る

新人「はい、お電話ありがとうございます。一発逆転不動産です」

他業者「お世話になっております。人類滅亡不動産の安藤です。」

新人「お世話になっております。」

他業者「物件の確認なんですけれども~、御社の専任の調布の戸建て6000万円です。」

新人「全集中!不動産仲介の呼吸!拾ノ型!『囲い込み』

他業者「ちょっとこの調布の戸建てを今週の土日でお客様ご案内させていただきたいんですけどぉ」

新人「あ、それがですね、この専任の居住中物件なんですけど、売主様が今旅行に行ってまして~、室内のご見学はしばらくできないんですよぉ」

他業者「えー、そうなんですか?結構熱い客なんで、早く案内したいんですよね。他にお話とかって入ってます?」

新人「あ、お、お話入ってますね。入ってます。いくつか。何人か既に検討客いらっしゃいますので~」

他業者「そうでしたか。ちなみに売主様っていつ旅行から帰ってこられる予定なんですか?最短でいつから室内の見学できますでしょうか?」

新人「あー海外に旅行行ってるのでまだしばらく帰国は未定みたいでご見学はしばらく難しいと思いますー」

『思考と現実』
また本業が忙しくなってきたので、とにかく今年はYouTubeの継続第一だけは絶対に死守します。時間はあるけど気力が足りない。