キッチンメーカーブランドはこの7社を押さえろ

今回はキッチンメーカーブランドで押さえておくべき
7社のブランドについて紹介する。
家族の決定権は奥様が握っていることも多く、最適なライフスタイルの提案をするために水回りの知識は必須である。
不動産営業マンならば有名なブランドの特徴は押さえていなければならない。

押さえるべきキッチンメーカーブランドはこの7社

ぜひ覚えておいて欲しいブランドは全部で7つ。一般の人でも耳にしたことがある名前ばかりのはずだ。知っている名前だとやはり安心できるものだ。
ひとまずメーカーの名前を押さえよう。

①タカラスタンダード

②リクシル

③TOTO

④パナソニック

⑤クリナップ

⑥トクラス(ヤマハ)

⑦ハウステック



 

各メーカーの価格帯と特徴

それでは各メーカーにはどんな特徴があるのだろうか。
全て同じようなものだと思うかもしれないが、各社それぞれにこだわりがあり、特徴も価格帯も違っている。
顧客のニーズに応えられるよう、しっかり把握しておこう。

タカラスタンダード・・・50~90万円

タカラスタンダードのキッチンは高品質のホーローを使用しているのが特徴的だ。ホーローは鉄やアルミニウムなどの金属材料の表面に高温でガラスを焼き付けたもので熱や湿気に強い。そのため掃除もしやすいので、毎日キレイにキッチンを使いたいという人にはとてもオススメである。

リクシル・・・70~130万円

独特の機能が豊富で便利にキッチンを使えるのがリクシル。収納が充実しているのが特徴で、その種類も多いため自分好みのものを選ぶことができ、使い勝手の良いキッチンを叶える。デザインは充実した種類の色から選ぶことができるのでこだわりを出すこともできる。値段、品質、デザイン性のバランスが良いのも特徴だ。

TOTO・・・75~110万円

TOTOといえばトイレというだけあって、TOTOのキッチンは水回りの機能が充実している。シンク周りなど、水を使う作業がとても楽だ。
さらに節水の機能がついていて、環境にも家計にも嬉しい。
水周りを快適に使いたいという方にはぜひオススメしたいブランドだ。

パナソニック・・・60~90万円

スタイリッシュなデザインが特徴のパナソニック。
家電メーカーならではの技術が見られ、省エネにこだわったデザインとなっているのが特徴だ。他のメーカーとは違う機能がついたキッチンが良いという人にはパナソニックが合うだろう。

クリナップ・・・60~130万円

クリナップはキッチン専業メーカーでステンレスキッチンが特徴である。
ステンレスは熱・臭い・水汚れ・サビに強く、掃除もしやすいため長くキレイに使うことが出来る。やはり台所はステンレスにこだわりたいという方にはクリナップがぴったりだろう。

トクラス(ヤマハ)・・・50~100万円

トクラスはピアノで有名なYAMAHA(ヤマハ)のグループ会社老舗のメーカーだ。その特徴はなんといっても人造大理石にこだわっているところ。
業界内でもいち早くキッチンに人造大理石を取り入れたのがこのトクラスで、熱や衝撃に強いため、いつまでも変わらずキレイに使うことができる。
老舗というだけあって、安心出来るブランドだ。

ハウステック・・・65~100万円

商品によってはカウンターの高さを1cm単位で決めることもできるなど、ひとりひとりに合ったキッチン作りを実現できるのが特徴だ。
レイアウトを細かく決められるので、自分に合うキッチンが見つからないという人にはお勧めのキッチンブランドだ。

まとめ

キッチンは毎日作業する場所なのでやはり自分が使っていて楽しい空間にしたいもの。デザイン、機能、掃除のしやすさなど、それぞれ譲れないポイントがある。そうした好みを把握した上でオススメのブランドを紹介出来るよう、
今回まとめたことをぜひ覚えて欲しい。
キッチンで奥様を味方につけて、契約を勝ち取ろう。

トイレメーカーブランドで押さえるべきはこの7社

不動産営業マンが知っておくべきキッチンの種類と特徴【ペニンシュラキッチンって何?】