不動産営業マンなら家相について知っておくべき

まず家相とは?

そもそも家相とは何だろうか?
風水との違いがいまいち分からない人も居るかもしれない。
家相とは中国から入ってきた風水の考え方をベースにしつつ、日本の気候条件や文化を反映したものだ。
つまり家相とは日本ならではの住みやすい家づくりのコツを集めた先人の知恵のようなものだ。
家相は方位による場のエネルギーの考えを取り入れているため、方位に関する言葉がたくさん出てくるのも特徴である。

家相ではどんなことが言われている?

家相と言われても具体的な内容が分からないかもしれない。
家相では間取りの位置により吉凶が決められている。顧客によっては気にする人もいるので、少しくらいは知識として知っておきたい。
では具体的にどういった考えがあるのかをまとめていくので確認してみよう。



①鬼門・裏鬼門を避ける

鬼門とは北東、裏鬼門は南西を表す。これらの方角は家相においては最も凶とされる。そのため家相では間取りを決める際にこの方角を避けることが基本になる。特に玄関やキッチンやトイレ、浴室といった水回りをこの位置に置くことは好まれず、中でも良い気も悪い気も入ってくるとされる玄関がこの位置にあることだけは避けなければならない。

 

②階段は中央に置かない

階段が中央にあるのは凶。2階以上の物件を販売する際は気にしておこう。
困ったことに家相では階段はどの方位にあっても吉相にはならない。そのため、せめて凶相に置くことは避けなくてはならないのだ。ちなみに北に玄関があり、すぐに階段があるというパターンも家族が病気がちになると言われ、良くない配置となる。

 

③正中線と四隅線

家の中心から見て南北を貫くのが正中線、東西を貫くのが四隅線と言われる。これも家相ではよく出てくる言葉だ。
この線上に家相で不浄とされているトイレや流し台といった水回り、ドアや窓などの開口部、コンロのような火気を置くのは良くないとされる。

 

④欠けは良くない

欠けとは家の一辺の長さの3分の2以内が凹んでいる部分のことだ。
欠けは凶事を招くとされ、これがある物件は家相では良くない物件となる。

逆に一辺の長さの3分の1が出っ張っている部分は「張り」と呼ばれ、こちらは一般的に吉をもたらす。自分の生まれの星の方位に張りを作ると特に良いとされる。

 

⑤寝室は北西が大吉

こうして家相の判断を並べると良くないとされるものばかりになってしまったが、もちろん「この方角は良い」という教えもある。
寝室は鬼門を含めて吉相であり、特に北西は大吉相だ。
夫婦円満をもたらすと言われているので、北西に寝室がある物件のときにはセールスポイントにするといいかもしれない。

 

まとめ

家相は特段こだわっているわけではない人でも、少しは気になるもの。
家相のいうこと全てを気にしていたらキリがないので、
「この位置に○○があるから家相としては良いんですよ。」などと物件を勧める文句として使ってみるといいだろう。

不動産営業マンが知っておくべき家の中の風水

不動産営業に必須の風水六曜知識(大安?友引?)