不動産営業マンのための間取り用語集

「Sって納戸でしたよね?普通の部屋と何が違うんでしたっけ?」
 「LDKとDKって何が違うの?」
 「MBとかPSって書いてありますけど、これ何ですか?」

知っているつもりが、
いざお客様から聞かれると意外と答えられなかったりする人も多いのが
部屋の間取りの用語だ。
今回は賃貸売買問わず、不動産営業マンのために
最低限押さえるべき頻出間取り用語と知識をまとめてみた。




Kキッチン
Dダイニング(食事の場所)
Lリビング(居間)

1LDK」「2LDK」のように、
頭についている「1」や「2」といった数字は部屋の数を表している。

1R(ワンルーム)→キッチンがあっても仕切りがない。
1K→キッチンと部屋に仕切りがあり、キッチンスペースがある。

DKとLDKの違いとして明確な定義はないようだが、
1部屋なら8帖未満がDK、8帖以上でLDKで表記
2部屋以上ある物件なら10帖未満がDK
10帖以上でLDKで表記されていることが多い。

『以下頻出の間取り用語集』

S/SR納戸・サービスルームServiceroom(窓がなかったり、採光や換気の基準を満たしていないために建築基準法において居室にできない部屋を指す)

DEN書斎(趣味の小部屋)
※明確な定義はなく、物件によってはDENが納戸やサービスルームとして表記されている場合あり

CLクローゼットCloset(衣服などの収納棚)

WCL/WICウォークインクローゼットWalk in Closet(歩いて中に入れるほど広いクローゼットのこと)

SBシューズボックスShoes box(靴箱)

SCL/SICシューズインクローゼットShoes-in closet(玄関の横にあり、靴のまま入れる収納スペース。つまり大きい靴箱)

VOID吹き抜け

R冷蔵庫置き場Refrigerator

RFロフト(本来は屋上Roof floorの略だが、日本の間取り図では屋根裏小屋であるロフトLoftを指す)

CFクッションフロアCushion floor(ビニール製床材が敷いてある場所を指す)

W洗濯機置き場Washing machine place

WC/WトイレWater closet/Toilet

Jの略

UTユーティリティUtility(浴室と隣接している洗濯機置場や洗面化粧台がある有用スペースを指すことが多い)

UBユニットバスUnit Bath

PSパイプスペースPipe space(水道管やガス管などの配管スペース)

MBメーターボックスMeter box(ガス・電気・水道のメーターを設置しているスペースを指す)

ACエアコンAir‐conditioner

EVエレベーターElevator

PHFペントハウスフロア(屋上にある部屋)

わからないことが一個や二個であれば、
その場は何とかごまかせるかもしれない。
ただあまりにわからないことが多すぎると、
客も気を使って質問するのを躊躇ってしまう。
そして、次からの案内がとれなくなり、忙しいだとかピンとくる物件がない
などと言いながら他社営業マンの案内へ行ってしまうのが現実なので注意が必要だ。