不動産領収書の漢数字は旧漢字(大字)で(領収書の常識)

不動産取引においてよく使われる、
漢数字の旧漢字、つまり漢数字の大字(だいじ)とは、
一、二、といった漢数字が後で誰かに書き換えられてしまうというリスクを減らすために使われるものです。
ex)
・「一」に「|」を書き加えれば、簡単に「十」にできます。
・数字で100,000円の領収書でも0を一つ書き加えるだけで簡単に金額の改ざんができてしまいます。

一→壱
二→弐
三→参
四→ 四
五→ 伍
六→六
七→七
八→八
九→九
十→拾

百→百(佰)
千→ 千(仟)
万→ 萬
円→ 円(圓)

漢数字で記入するなら数字の頭に「金」、末尾に「也」
数字で記入するなら数字の頭に「¥」、末尾に「‐」ハイフン
また3桁ごとに(,)カンマを入れる。

最近ではシンプルに領収書は数字で書かれたものも見かけるようになってきたようだが、不動産業界はまだまだ古くからの慣習を大切にする人種が多いのは事実。
年配の金持ち客に呆れられないよう、いざという時に書けるようにしておこう。