住宅工法の種類と特徴(在来工法と2×4ツーバイフォー工法の違いなど)

住宅は価格、間取り、立地など選ぶ際に大事なことはたくさんあるが、
その中で住宅工法も欠かせない。
住宅工法のことまで聞いてくる客は少数かもしれないが、住宅の基礎となる
とても大切な条件であり、いざというときに答えられないのは信用を失う。
今回は代表的な住宅工法の種類とその特徴について
不動産営業マンとして説明できるよう要点を押さえておこう。


住宅工法の種類

今回説明する住宅工法は5つ。とりあえずこれだけ押さえておけば
だいたいの住宅の説明はできるはずだ。

①在来工法

②2×4(ツーバイフォー)工法

③軽量鉄骨造(プレハブ工法)

④重量鉄骨造

⑤鉄筋コンクリート造(RC造)

⑥木造ラーメン工法

 

住宅工法の特徴・メリット・デメリット


それではそれぞれの住宅工法について詳しくまとめていこう。

①在来工法(木造軸組在来工法)

日本で最も主流で歴史も深い工法だ。
木材で土台・柱・梁などの軸材を組んで骨組みを構成する。
日本の風土に合った工法と言えるだろう。
顧客からは「在来工法って何ですか?」と聞かれることも多い。
そのときは「柱や梁といったいわゆる線で支える工法です」とひと言で説明してみよう。

・在来工法のメリット
在来工法のメリットはコストとその自由度の高さだ。
外壁の材料は何にでも対応できるし、屋根の形も自由に決めることができる。さらに増築やリフォームも簡単なので長年住むのはもちろん、子や孫の世代に受け継ぐのにも向いていると顧客にアピールすることができる。

・在来工法のデメリット
構造指針が曖昧なため、住宅の出来は大工や工務店の腕によるところが大きい。もしも施工が悪いと後にきしみや傾きの原因となってしまう。
2×4に比べると耐震性は劣る。

②2×4(ツーバイフォー)工法(木造枠組壁式工法)

北米で最も主流の住宅工法だ。日本でも取り入れられてきているので聞いたことがある人も多いだろう。2インチと4インチの部材でフレームを組み、
板材で壁を構成し、「壁で」建物を支える構造
になっている。
2×6インチや2×8インチの角材を用いて壁の厚みを増し、断熱性能を高める
2×6工法2×8工法も採用されている。

こちらも2×4とは何かを顧客から聞かれることが多いのでそのときは
「壁や床といった面で支える工法」と答えよう。

・2×4工法のメリット
面で支えていることから、在来工法に比べて1.5~2倍の耐震性がある。
地震が多い日本にはピッタリのメリットだ。さらに火災にも強い。
建てる際には工場である程度組んでから現場で一気に組み立てるため、職人の腕に左右されず、品質も安定しやすい。

・2×4工法のデメリット
床→1階→2階と下から順番に建てていかなければいけないので屋根をつくるまでに時間がかかる。そこで雨が降ってしまうと資材が濡れてしまうのが難点だ。また、構造材が壁のため、増改築の自由度は低くなってしまう。

③軽量鉄骨造(プレハブ工法)

軽量鉄骨造は大量生産目的の工法だ。
プレハブ小屋を想像すればどういったものか想像がつくであろう。
柱や梁、壁などの部材を工場で生産し、それを建築現場で組み立てる工法だ。
柱や梁などの構造体が厚さ6ミリ以下の鋼材で構成されている。

・プレハブ工法のメリット
大量生産が目的というだけあって品質が安定している。
さらに耐震性にも優れている。

・プレハブ工法のデメリット
部品の大きさが決まっており、自由な家づくりをすることができない。
そのためリフォームも難しい。また結露が発生しやすく防音性能も劣る。

④重量鉄骨造

高層ビルを建てるときの工法だ。
こちらは柱や梁などの構造体が厚さ6ミリより大きい鋼材で構成されている。間取りを自由に決めることができ、大空間も作ることができる。

・重量鉄骨造のメリット
ライフスタイルに合わせた家づくりが可能。
こだわりが強い顧客にはぜひオススメしたい。
また丈夫なためメンテナンス費用があまりかからないことも魅力だ。

・重量鉄骨造のデメリット
鉄なので錆に気をつけなければならない。また断熱性も高くない。
発生する可能性は低いが長時間の火災が起こると一気に倒壊する恐れがある。

⑤鉄筋コンクリート造(RC造)

鉄筋とコンクリートの特長(コンクリートは脆く割れやすい、鉄筋は錆びやすい)を併せ持った工法で、素材の弱点を補いあって強さとしなやかさがある。
ほぼ全ての工程が現場で行われるので天候に左右されやすい。

・RC造のメリット
コンクリートが外気や雨水から鉄を守ってくれるため、錆の心配がない。
さらに型枠さえ作ればどんな形も実現できるのでデザインにこだわる人に向いており、耐久性や耐震性は抜群。

・RC造のデメリット
鉄筋コンクリートのデメリットといえばやはり高価な点だ。手間も時間もかかり、RC造は施工精度を出すのが難しいため、大工や工務店によってバラつきが出るのが難点。

木造ラーメン工法

もともとは大型施設などで鉄筋コンクリート構造で用いられていたのが、
木造でも実現できるようになった工法です。
床・柱・梁で長方形に骨組みを構成した建築構造形式です。
柱や梁の接点を繋いで「枠」をつくることで変形をとどめ、建物を支えます。
4本足の椅子が建物全体を支えるようなイメージの工法になります。

・木造ラーメン工法のメリット
壁や柱が少なくて済むため、間取りが自由自在に設計できる。
大空間を作ったり、大きな窓を採用しやすい。

・木造ラーメン工法のデメリット
比較的コストがかかる傾向。

まとめ
その他にも、シャーウッド工法、ビッグフレーム工法、SE工法など
各ハウスメーカー毎にアレンジを加えた新しい名称の工法がたくさんある。
住宅の根幹をなす部分のため最低限この7つの工法の特徴や
メリット・デメリットについては語れるようにしておこう。
特に在来工法と2×4工法については聞かれることが多いため、
不動産営業マンとして常にアウトプットできるよう知識を定着させよう。