反響電話対応マニュアル(賃貸)

 

不動産新人による
賃貸仲介営業マンのための
客から電話での反響があった場合の対応マニュアルのご紹介です。



ポータルサイトなどからの反響の電話が来た場合の電話対応

まず客が
「~(ポータルサイト名)見て電話したんですけど」
「~の部屋見たいんですけど」
などという電話してきた場合、

①まず・物件名・号室・賃料・場所を押さえる
「それでは最新の空室状況を確認してすぐ折り返させていただきますので、私が○○会社の不動産新人と申しまして、お客様のお名前とお電話番号よろしいでしょうか?」
必ず自分から名乗り、電話番号は確実に押さえる。
「それでは確認いたしますので後程ご連絡させていただきます」

その後物件確認をするわけだが、
繁忙期は既に申し込みが入っていて
問い合わせ物件募集終了のパターンは多い。

まだ募集中の場合
「先ほどはお電話ありがとうございました。先ほどのお部屋ですが、この時期なので、今日の段階では空いているんですけど、すぐ申し込み入る時期ですので、今日もしお時間いただければ見ていただければと思うんですが」
「ご紹介可能なんですけれども、○○様ご来店していただけるお日にちありますか?ご自宅が近ければ現地集合でもいいですし」

④既に申し込みが入っている場合
もう募集終了の場合は
問い合わせ物件の類似物件を手元に用意したうえで客に電話する。
「先ほど管理会社に確認をとったんですが、申し訳ありません、すでに申し込みが入ってしまったみたいで。ですが今たまたまですね、一応お問い合わせいただいたお部屋に似たいいお部屋がございまして~」
「もしよろしければ○○様のお部屋探しのご条件を教えていただければ、ピッタリのお部屋今から探しますので、ちなみに○○駅近辺でお探しだったんですか?もし一度当社にお越しいただけると同じご条件でいくつかご紹介できるんですけど、ご都合いかがですか?」