営業マンが知っておくべき借地権の種類

客に説明するにしても、
営業マンがまず『借地権』がなんなのか
頭の中で整理できていないことには説明なんてできない。

・所有権=借地権+底地権(地主)

売買仲介営業において使う要点だけまとめると
借地権は大きく2種類に分類される。

①旧法借地権(借地法が適用)
②新法借地権(1992年(平成4年)8月以降の借地借家法が適用)




①旧法借地権について
契約期限はあるが、更新する事により半永久的に借り続ける事ができる。

②新法借地権について

5つの種類が存在し、
1.普通借地権
契約期間はあるが、更新する事により半永久的に借り続ける事ができる。
2.定期借地権(一般定期借地権)
契約期間50年以上と決まっており、基本的に更新はできない。 契約期間満了後は、更地にして返さなくてはいけない。
3.事業用定期借地権
契約期間10年以上50年未満で、期間満了後は更地にて返還の必要あり。
4.建物譲渡特約付借地権
30年以上の契約期間満了後に土地所有者が建物を買い取る定めのある契約
5.一時使用目的の借地権
そのまま

 

都内で物件を買おうと思う客なんて、
ほとんどが中流以上のそこそこ勝ち組の人たちばかり。

聞かれてもいないことをベラベラと話しても嫌われるだけではあるが、
聞かれたことにはしっかり答えなくては
一生に一度の買い物のパートナーに選んではもらえない。


売買仲介営業において
『借地権』
について押さえておくべきは、
旧法借地権&借地借家法普通借地権について
「契約期間はあるが、原則更新が前提なので、ずっと住み続けられますよ」
という理解でOKだ。

旧法借地権と新法借地権の違いについて

借地権付き住宅のメリットとデメリット

「借地権って何?」って客から聞かれたら