大手不動産会社のスケジュールあるある『台本公開』

YouTube「不動産新人チャンネル」に52本目の動画を投稿しました。

気が付けばチャンネル登録者数750人!1000人まであと少し!

【ここが分かれ目】大手不動産会社のスケジュールあるある↓

以下、台本の公開になります↓

「スケジュールに予定がない」

~月曜朝礼前~

鬼畜係長「おい、不動産新人今週のスケジュールどうなってんだよ?!」お前だけ今週のスケジュールすかすかじゃねえか!?やる気ないのかよお前!」

不動産新人「は、はい!す、すみません!」

鬼畜「すみませんじゃなくてどうなってるか聞いてんだよ!?」

新人「す、すみません。今のところ特段の予定ないです!」

新人の心情{追客電話もしてるけど、案内も取れなかったし、どうしようぅぅぅううう}

鬼畜「何で何も予定がないんだよ!?契約する気ないのかよお前?!自分の目標数字分かってるのかよ!自分の目標数字から逆算して今何やるべきなのか考えろよ!?」

新人「は、はい!申し訳ありません!」

鬼畜「で、今の話聞いたうえでどうすんだよ!?」

新人「えっ、えっと、ハウスメーカーと金融機関、あと先輩の物件のチラシまきをさせてもらおうと思います!」

鬼畜「お前過去に何度かハウスメーカー、金融機関まわってたけど、情報取れてなかったじゃねえか!それにいつも困ったときは馬鹿のひとつ覚えみたいにチラシまきチラシまきって言いやがって!?お前のこと、チラシまきさせるために雇ってんじゃねえんだよ!?」

新人「も、申し訳ありません!どうやったら情報取れるか考えて、工夫したいと思います!」

鬼畜「あっ?!工夫するのは当たり前だろうが!?で今回はどうするつもりなんだよ!?」

新人「あっ、えっ、も、申し訳ありません!これから考えます!?」

鬼畜「は~?!お前とことん仕事舐めてんな!?」

鬼畜「今のお前が下手にハウスメーカーや金融機関まわっても情報なんか取れねえだろ!?」

鬼畜「お前のスケジュール俺がこの後組んでやるからちょっと待っとけ!?」

新人「は、はい!申し訳ありません・・・」(うなだれる感じ)

「自分の仕事ができない」

新人「ふう。予定がなくて鬼畜係長にしこたま怒られたなあ・・・でも本当に今後どうやって仕事つくってスケジュール組めばいいんだろう・・・」

鬼畜「おい、不動産新人!お前のスケジュール俺が組んでやったから確認しろ!」

新人「は、はい!確認させていただきます!」(紙を見る動作)

※テロップで月曜日から日曜日までのスケジュールを見せる

新人がスケジュールを見つつ読む。

月曜日:経堂の物件の調査、実踏、チラシまき

火曜日:業者周り(広告掲載物件を3つ以上もらってくる)

木曜日:荻窪の調査、実踏、チラシまき

金曜日:ハウスメーカー(新規物件・未公開物件の持ち込み)

土曜日:現地販売会

日曜日:現地販売会

新人{えっ、結局チラシまきやハウスメーカー周りやらせるんですか!?}

鬼畜「しょうがないから俺の新規物件の調査、チラシまきやらせてやるからありがたく思えよ!?それとハウスメーカーには俺の新規物件と周りの先輩たちに持ち込んでいい物件がないか確認して持ち込め!あと業者周って、広告掲載可能物件3物件以上、現地販売会で今後案内できる見込み客必ず2組以上連れて来いよ!?お前前回現地販売会で2日間、一組も見込み客作れてなかったけど、前回の二の舞になったら、張り倒すからな!?」

新人「は、はい!ありがとうございます!」

新人の心情{自分の仕事がないからしょうがないけど、予定がたてられないと結局人のパシリばっかになるんだよなぁ・・・}

ナレーション「できない営業はいつまでたっても受動的で待ちの姿勢」

「仕事ができる営業マンののスケジュール」

イケメン後輩君「せんぱーい。子供じゃないんですから自分のスケジュールぐらい組めるようにしましょうよ~先輩があんまりにもできないと鬼畜係長の機嫌悪くなって大変なんですから~」

新人「う、うん。そうだよね。ごめんね。」

イケメン後輩「謝らなくていいんで頑張ってくださいよ~」

=プルルルル(イケメン後輩の電話)

イケメン後輩「お電話ありがとうございます~イケメン後輩です~あっ、遠藤様ですか~、経堂の物件の件ですね~。はい。はい。本当ですか~?ありがとうございます~。すぐにでもお伺いしますね~。いつがご都合よろしいですか~?承知いたしました。それでは失礼いたします。」ガチャ

イケメン「いや~困っちゃいますね~。また新規で媒介物件取れちゃいましたよ~」

新人「ぜ、絶好調だね。イケメン後輩君は。」

イケメン先輩「今週すでに予定キツキツなんですけど~。先輩がうらやましいですよ~」

新人「す、すごいね・・・」

イケメン後輩「そんなことないですよ~。あれ、てか先輩確か今日この後経堂の物件の調査行くんでしたっけ?僕の分の調査もお願いしていいですか~?予定きつくて行ける暇ないんですよ~」

新人「う、うん。行ってくるよ・・・」

新人の心情{うおおおおおおおおおお、後輩にすらパシられてるよおおお。ますます自分の為の営業ができない悪循環だぁぁあーーーー}

「予定がない営業マンの朝のミーティング」

鬼畜係長「それでは朝のミーティングを始めます。部長も朝礼で言ってたけど、今月ウチの係は数字が追い付いてないから、ゼロとかマジありえないから!気持ちだから気持ち!今日も一日契約のための行動を各々考えて!それでは今日の予定をバリバリから」

バリバリ先輩「はい、自分は11時に先週も案内した安藤様の再案(再案内)で待ち合わせしてます。昼からは時間あったら新宿の専任の売り主のとこに行ってきます。」

鬼畜「よし、ぜってぇ再案決めて来いよ!一回物件見てもう一回見るんだから熱いんだから決めきれよ!」

バリバリ「はい。」

鬼畜「で、ポンコツは今日どうすんの?」

ポンコツ先輩「え、え、えー、わ、私はですねぇ、昨日ヤ〇―不動産から反響があったお客様の案内が入っているのでこのあとかぎ取りに行ってきます。」

鬼畜「あっそ。どこの物件?」

ポンコツ「池袋のマンション3件をご案内する予定です」

鬼畜「あっそ。お前反響潰しまくってんだからいい加減結果出せよ?案内盛り上がったらすぐ俺に報告しろ。」

ポンコツ「はい。わかりました。」

鬼畜「次、不動産新人。今日は何すんの?」

不動産新人「あ、ぼ、僕は今日は物件撮影とポスティング行ってきます。」

鬼畜「は?なんでてめー今日も予定ないんだよ。お前朝の部長の朝礼ちゃんと聞いてたのか?

新人「は、はい。す、すみません。」

鬼畜「お前毎日毎日物件撮影して客取る気あんの?契約する気ある?やる気あんの?

新人「す、すみません。」

鬼畜「馬鹿の一つ覚えみたいに毎日毎日ポスティングしてよぉ。全然反響鳴らないじゃんお前のチラシ。ほんとにビラまきしてんの?

新人「は、はい。すみません。」

鬼畜「チラシだって経費かかってんだからさぁ、反響鳴らないならポスティングする場所ちょっとは自分の頭で考えろよな。お前今日案内取れるまで客に追客の電話しろよ。もう外でなくていいよお前」

新人「は、はい。わかりました。」

鬼畜「はい、次。イケメン後輩は?今日の予定」

イケメン後輩君「あー俺は今週契約予定の土地の役所調査行ってきます。その後会社戻ってきて契約書作ります。」

鬼畜「わかった。っておい、不動産新人さぁ、お前だけなんの予定も入ってないじゃん。危機感感じてる?

新人「は、はい。すみません。」

鬼畜「お前がこの係の足を引っ張ってんだよ。いい加減売上作れや

新人「は、はい。」

鬼畜「予定がないなら予定が作れるまで家に帰るなお前は!

【思考と現実】
最近チャンネル登録者数の勢いがないなぁと思いきや、なんだかんだ毎日チビチビと登録者数は増えつつあります。ただ現状、週2投稿もキッツくなってきました。
はやく収益化してモチベーションを回復させないと・・・。