宅地建物取引士という国家資格の素晴らしさ。【宅建はコスパ最強】

不動産営業マンをしていたら欠かせない資格がある。
宅地建物取引士、よく言う「宅建」である。
不動産取引の専門家であることを示すもので、毎年20万人前後も受験する人気の国家資格だ。不動産営業マンならこの資格は必須であり、
数ある資格の中でもコストパフォーマンスが一番良い資格であるといえる。
不動産営業マンが宅地建物取引士の資格を持つメリットはたくさんあるので
ぜひ資格取得のモチベーションにして欲しい。


宅建がコスパ最強の理由
①実務経験がなくても宅建手当がつく
②独占業務があるのは強い
③将来独立も可能
④転職でも有利(大手不動産会社では宅建必須)
⑤宅建を持っていないことによるストレスがない





①実務経験がなくても宅建手当がつく。

資格を取得しても実務経験がなければ意味をなさない資格も多い。
(例えば行政書士などは難易度の割に実務経験がなければ話にならず、資格単体では金にならない。)
一方でほとんどの不動産会社では、未経験採用であっても宅建を持っているだけで毎月1万~5万円ほどの範囲で宅建手当がつく。
自己満足で終わる資格が多い中で、すぐ金に結びつく資格も珍しく、宅建取得のための費用(テキスト代、講座代)を考えても、すぐに回収できるとわかるはずだ。

②独占業務があるのは強い
 取得の難しい資格であっても独占業務がない資格はコスパが非常に悪い。
(例えば国家資格の中小企業診断士は独占業務がないため、誰でもできることで金に結び付けるのは難しいのだ)
中小企業社長「中小企業診断士?よく営業に来るけど誰でも言えるような当たり前のこと言って帰って行ったよ。あんなのにコンサルタント料払うつもりないわ~」
 宅建士の資格がなければ出来ない業務がある。それは「重要事項説明」「重要事項説明書への記名・押印」「契約内容書面への記名・押印」だ。
不動産屋会社には、事務所ごとに従業員の5人に1人以上の割合で宅地建物取引士を置くように法律で義務付けられている。さらに不動産の案内所などでも宅建士の設置義務がある。つまり、不動産業界ではかなりニーズが高く重宝される資格なのだ。
履歴書に書く価値もない資格は無限にあるが、宅建は間違いなく書くべき資格である。

③宅建があれば将来独立もできる
不動産業を営む時にはこの資格が欠かせない。自分が資格を持っていれば宅建士を雇う必要も頼る必要もなく、コストが抑えられる。
また、自分に一定水準以上の知識が備わっているので、不動産業を営む上でそれを大いに活かすことが出来るのだ。
売上を上げれば上げるほど、自分で独立したくなるのが不動産営業マンだ。
トップ営業マンに近づけば近づくほど宅建の勉強時間が取れなくなっていくため、時間に余裕があるうちに取得することをオススメする。

④大手不動産会社中途採用では宅建が必須
宅建は大手不動産会社に中途採用で転職を考えるなら必須の資格となってくる。基本的に即戦力な人材が求められる中途採用において、宅地建物取引士の資格の有無は志望者が多い中でわかりやすい判断材料となる。
宅建があると不動産会社はもちろんのこと、建築会社や金融機関への転職も有利になる。この資格一つで幅広い選択肢を得ることになるのだ。
大手不動産会社に入るためには、宅建がなければ中途入社はほぼ書類審査で落とされるケースが多いので宅建は必須なのだ。

⑤宅建を持っていないことによるストレスがない
宅建を持っていないがために抱えるストレスの心配がない、というのが一番のメリットだ。
どの不動産会社に入っても、宅建を持っていない人間は宅建取得を会社から勧められる。ただでさえ忙しい不動産業界において、毎年毎年宅建試験のプレッシャーに悩まされるストレスは異常なのだ。
売れる営業マンになるにつれて契約時の重要事項説明の際にいちいち宅建士に頭を下げて重説してもらわなくてはいけないというのはストレスになる。
転職先においても他の営業マンからまず聞かれるのは「宅建はあるんですか?」という雑談から入ることが非常に多い印象だ。

 

まとめ
宅建士は人気の国家資格であるが、その合格率は決して高くなく誰でも取得出来るわけではない。だからこそ需要が高く、持っていると重宝されるのだ。
不動産営業マンをこれからも続けていくなら、宅建を持たない理由などないので、勉強して絶対に取得しよう。

宅建持ってない営業マンは恥ずかしい?

ベテランほど受からない宅地建物取引士試験

宅建試験の勉強する順番(効率的勉強計画)

宅建士試験の勉強習慣をつけるには?

民法は捨てろ!【宅建試験最終手段】