最低限知っておくべき公示地価と基準地価の違い。

収益の客から「路線価は?」と聞かれるのは日常茶飯事だが、
「基準地価や公示地価って何?」と聞かれる場面はあまりない。

しかし今回は不動産営業マンであれば最低限知っておくべき、
基準地価と公示地価の違いをまとめてみた。

公示地価とは、公共事業用地の取得価格算定の基準となり、
一般の土地取引価格の目安になるものである。

【公示地価とは?】
国土交通省3月に公表する1月1日時点の地価のこと。

【基準地価とは?】
都道府県9月に公表する7月1日時点の地価のこと。
基準値標準価格や都道府県価格調査などとも呼ばれる。

【公示地価と基準地価の違い】
違いとしては、基準地価は公示地価の公示区域外において地価を表示している点である。公示区域外の地価を知りたいときに、基準地価が重要な指標となる。
公示地価→都市計画区域とその他土地取引が見込まれる区域
基準地価→都市計画区域外を含む全域

公示地価を基準として、
公示地価を補完する形で基準地価があるという認識でOKだ。