不動産売買仲介営業マンの一日と仕事内容(売買仲介の実態)

不動産業界に興味のある方向けに、
今回はドラマ「家売る女」でも登場する
不動産売買仲介営業マンの実態についてまとめてみる。

1、不動産売買仲介営業マンの一日スケジュール
(暇な日バージョンと忙しい日バージョンの2つを紹介。)

2、売買仲介は結果が全ての実力主義の世界(仕事内容)

 

売買仲介は仕事のできない営業マンほど暇である。
逆に仕事のできる案件の多い人ほど忙しく、収入の格差は激しい。

知識も経験もない新人社員に会社の大事なお客様(膨大な広告費を投資して集客した会社の反響客)を任せてもらえるはずはない。
新人がまず最初にする仕事はポスティングやオープンハウス(現地販売)といった方法で自分のお客様を増やすことだけだ。
「お部屋探し」の賃貸と違ってお客様の本気度が違い、一生に一度の高額な買い物への不安を抱えているため、客は不動産のプロをこちらに求めてくる
頼りにならない信用できない営業マンはお客様に切られてしまうのが当たり前の世界である。
何かをきっかけに結果を出せば、社内での視線と待遇がどんどん変わっていき、チャンスは増え、収入面でも大きく稼ぐことができるのだが、大半の人間は結果が出る前に諦めて去って行ってしまう。それが売買仲介である。

1、不動産売買仲介営業マンの一日スケジュール
続きを読む →

不動産賃貸仲介営業マンの忙しすぎる一日と仕事内容(賃貸仲介の実態)

不動産業界に興味のある方向けに、
今回は「お部屋探し」でいつもお世話になる、
不動産賃貸仲介営業マンの実態についてまとめてみる。

1、不動産賃貸仲介営業マンの一日スケジュール
(暇な日バージョンと忙しい日バージョンの2つを紹介。)
2、賃貸仲介は毎日忙しすぎる(主な仕事内容)

不動産賃貸仲介をする不動産会社はシフト休みのところが多いため、休みが不定休となるところも多く、賃貸仲介営業マンは常に忙しい
その理由として客がいないときは、スーモやホームズといった集客のためのポータルサイトに宣伝用の物件情報の入力をしたり、自社管理物件の室内状況確認をしに行ったり、下見を兼ねて広告用の物件撮影などをする必要があるからだ。
また賃貸物件は非常に物件の入れ替わりが激しくて数も多いため、自社で広告掲載中の物件に申し込みが入っていないかどうかの確認を定期的にする必要がある。既に申し込みが入っており募集がストップしている賃貸物件を広告し続けると「おとり広告」として会社が処分されてしまうからだ。


1、
不動産賃貸仲介営業マンの一日スケジュール

続きを読む →

旧耐震と新耐震、耐震等級とは(地震に関する不動産営業知識)

旧耐震基準の物件に関しては銀行融資は厳しくなっており、
住宅ローン控除やフラット35が利用できなかったり、
旧耐震と新耐震それぞれのメリットデメリットを押さえておく必要がある。

今回は、不動産営業マンのための地震に関する最低限知識
・「旧耐震基準」と「新耐震基準」と「新・新耐震基準」の違い
・耐震等級1~3の違い
・耐震、制震、免震の違い
についての基礎知識をまとめてみる。

地震の多いこの日本で高額な不動産の購入となれば、
「よく聞く旧耐震・新耐震ってなんですか?何が違うんですか?」
「販売図面に耐震等級3って大きく書かれてるんですけどこれ何?何がいいの?」
「予算限られるので、旧耐震物件検討してるんですけど、地震のこと考えるとやめておいたほうがいいでしょうか?」
と質問攻めにあうことは多い。

予算が限られる中で広さとエリアがの優先順位が高いのであれば、
客の不安ネックを潰して旧耐震基準物件を提案していくしかない。
最低限の知識を押さえて最適な提案で契約に結び付けよう。
続きを読む →