不動産売買仲介営業マンの一日と仕事内容(売買仲介の実態)

不動産業界に興味のある方向けに、
今回はドラマ「家売る女」でも登場する
不動産売買仲介営業マンの実態についてまとめてみる。

1、不動産売買仲介営業マンの一日スケジュール
(暇な日バージョンと忙しい日バージョンの2つを紹介。)

2、売買仲介は結果が全ての実力主義の世界(仕事内容)

 

売買仲介は仕事のできない営業マンほど暇である。
逆に仕事のできる案件の多い人ほど忙しく、収入の格差は激しい。

知識も経験もない新人社員に会社の大事なお客様(膨大な広告費を投資して集客した会社の反響客)を任せてもらえるはずはない。
新人がまず最初にする仕事はポスティングやオープンハウス(現地販売)といった方法で自分のお客様を増やすことだけだ。
「お部屋探し」の賃貸と違ってお客様の本気度が違い、一生に一度の高額な買い物への不安を抱えているため、客は不動産のプロをこちらに求めてくる
頼りにならない信用できない営業マンはお客様に切られてしまうのが当たり前の世界である。
何かをきっかけに結果を出せば、社内での視線と待遇がどんどん変わっていき、チャンスは増え、収入面でも大きく稼ぐことができるのだが、大半の人間は結果が出る前に諦めて去って行ってしまう。それが売買仲介である。

1、不動産売買仲介営業マンの一日スケジュール
続きを読む →

不動産賃貸仲介営業マンの忙しすぎる一日と仕事内容(賃貸仲介の実態)

不動産業界に興味のある方向けに、
今回は「お部屋探し」でいつもお世話になる、
不動産賃貸仲介営業マンの実態についてまとめてみる。

1、不動産賃貸仲介営業マンの一日スケジュール
(暇な日バージョンと忙しい日バージョンの2つを紹介。)
2、賃貸仲介は毎日忙しすぎる(主な仕事内容)

不動産賃貸仲介をする不動産会社はシフト休みのところが多いため、休みが不定休となるところも多く、賃貸仲介営業マンは常に忙しい
その理由として客がいないときは、スーモやホームズといった集客のためのポータルサイトに宣伝用の物件情報の入力をしたり、自社管理物件の室内状況確認をしに行ったり、下見を兼ねて広告用の物件撮影などをする必要があるからだ。
また賃貸物件は非常に物件の入れ替わりが激しくて数も多いため、自社で広告掲載中の物件に申し込みが入っていないかどうかの確認を定期的にする必要がある。既に申し込みが入っており募集がストップしている賃貸物件を広告し続けると「おとり広告」として会社が処分されてしまうからだ。


1、
不動産賃貸仲介営業マンの一日スケジュール

続きを読む →

旧耐震と新耐震、耐震等級とは(地震に関する不動産営業知識)

旧耐震基準の物件に関しては銀行融資は厳しくなっており、
住宅ローン控除やフラット35が利用できなかったり、
旧耐震と新耐震それぞれのメリットデメリットを押さえておく必要がある。

今回は、不動産営業マンのための地震に関する最低限知識
・「旧耐震基準」と「新耐震基準」と「新・新耐震基準」の違い
・耐震等級1~3の違い
・耐震、制震、免震の違い
についての基礎知識をまとめてみる。

地震の多いこの日本で高額な不動産の購入となれば、
「よく聞く旧耐震・新耐震ってなんですか?何が違うんですか?」
「販売図面に耐震等級3って大きく書かれてるんですけどこれ何?何がいいの?」
「予算限られるので、旧耐震物件検討してるんですけど、地震のこと考えるとやめておいたほうがいいでしょうか?」
と質問攻めにあうことは多い。

予算が限られる中で広さとエリアがの優先順位が高いのであれば、
客の不安ネックを潰して旧耐震基準物件を提案していくしかない。
最低限の知識を押さえて最適な提案で契約に結び付けよう。
続きを読む →

不動産の方角に関する知識~結局南向きがいいの?~

不動産営業マンの方角に関する知識~結局南向きがいいの?~

不動産営業をしていて絶対に避けて通れないのが方角に関する知識だ。
東西南北のなかでも、一般的に南向きだと日当たりがよくて良いと言われているが、
そこに住む人のライフスタイルによっては別の方角でもいい場合がある。
方角の知識がなければ、ヒアリングをしっかりしても良い提案をお客様にすることはできない。
いろいろな顧客のニーズに沿えるように、また、どんな方角の部屋でも売ることが出来るように営業マンが使える方角知識を身につけておこう。

各方角のメリットとデメリット

それでは各方角の特徴やメリットとデメリットについて見てみよう。基本的には太陽の動きに関係していることが多いので、すぐに覚えられるはずだ。

続きを読む →

不動産営業の新人君が最初に最優先で覚えるべき知識

不動産営業マンが覚えるべき知識は多岐に渡る。
例えば住宅ローン、税金、購入の流れ、駅名・・・などなど挙げてみるとキリがない。
そのため不動産営業の新人は優先順位をつけて不動産に関する知識を
自分で勉強していかなくては生き残れない。
そこで今回は不動産営業の新人が覚えるべきことを優先順位をつけてまとめていく。

続きを読む →

不動産営業マンが知っておくべき家の中の風水

過去のブログでは風水において吉とされる家の位置について述べた。
今回は家の中の風水の話だ。
ひと昔前に風水ブームがあったが今も風水人気は根強く、本などで知識を得て生活に取り入れようとする人は多いため、家に関することなので営業マンとしてやはり何も知らないというわけにはいかない。

風水で良いとされるもの・悪いとされるもの

風水での教えを挙げていくので知識として身に付けておこう。
これを読みながら自分の家はどうだろうかと思い出してみるとより定着するかもしれない。
続きを読む →

不動産営業マンが知っておくべきキッチンの種類と特徴【ペニンシュラキッチンって何?】

キッチンといえば毎日作業をするところ。
それだけに「この機能が欲しい!」「収納はたくさんある方がいい!」といったこだわりが出やすい。
使いやすさは人それぞれなので、キッチンの種類は随分多様化している。
こだわりが強い場所なだけあって、不動産営業マンはキッチンの知識を欠かすことが出来ない。
最近は奥様が主導権を握る家族も多い。各システムキッチンの特徴、価格帯、メリットデメリットを押さえてまずは奥様を味方につけよう。

続きを読む →

不動産営業マンなら家相について知っておくべき

まず家相とは?

そもそも家相とは何だろうか?
風水との違いがいまいち分からない人も居るかもしれない。
家相とは中国から入ってきた風水の考え方をベースにしつつ、日本の気候条件や文化を反映したものだ。
つまり家相とは日本ならではの住みやすい家づくりのコツを集めた先人の知恵のようなものだ。
家相は方位による場のエネルギーの考えを取り入れているため、方位に関する言葉がたくさん出てくるのも特徴である。

家相ではどんなことが言われている?

家相と言われても具体的な内容が分からないかもしれない。
家相では間取りの位置により吉凶が決められている。顧客によっては気にする人もいるので、少しくらいは知識として知っておきたい。
では具体的にどういった考えがあるのかをまとめていくので確認してみよう。

続きを読む →

不動産営業マンなら知っておくべきポスティングのコツと裏技

不動産営業マンをしていたら避けられないのがポスティングだ。
不動産営業マンの新人にいきなり会社の大事なお客様を回してもらえるわけもなく、かといって自分の見込み客もいない新人ができる唯一の仕事がポスティングなのだ。

小さな仕事に思えるかもしれないが、
これが仕事に繋がることもあるのでバカに出来ない。
1000枚やろうが1万枚やろうが1件の問い合わせにもならず徒労に終わるのも珍しくはないが、そのポスティングで捕まえた反響見込みの質はかなり高く
一発逆転の契約になる可能性がある。
つまりポスティングは自分の大事な仕事として真剣にしなければならないのだ。

そこで今回は、ポスティングを効率的にそしてややグレーチックな物も含めて、ポスティングのコツと裏技を紹介していく。
続きを読む →

不動産営業に必須の風水六曜知識(大安?友引?)

営業マン「エリアも価格もお客様のご希望にピッタリの物件ですよ!」
「うーん。ここはやめときます。」
営業マン「えっ」
「条件ピッタリなんですけど、ちょっと風水的に。。。」
営業マン「はぁ風水ですかぁ」

不動産を購入する際に風水を気にする人は意外と多い。
そのため、不動産営業マンは見学や契約の際に顧客から住宅の風水に聞かれた際にはすぐに説明出来るように事前に知識をつけておくのが望ましい。
これから不動産営業マンが押さえておくべき風水の知識について紹介していくので是非参考にして欲しい。
また、風水と同じように気にする人も多い大安、仏滅、友引などの六曜についてもまとめるので、そちらも一緒に知識としてつけておこう。

続きを読む →