宅地建物取引士という国家資格の素晴らしさ。【宅建はコスパ最強】

不動産営業マンをしていたら欠かせない資格がある。
宅地建物取引士、よく言う「宅建」である。
不動産取引の専門家であることを示すもので、毎年20万人前後も受験する人気の国家資格だ。不動産営業マンならこの資格は必須であり、
数ある資格の中でもコストパフォーマンスが一番良い資格であるといえる。
不動産営業マンが宅地建物取引士の資格を持つメリットはたくさんあるので
ぜひ資格取得のモチベーションにして欲しい。


宅建がコスパ最強の理由
①実務経験がなくても宅建手当がつく
②独占業務があるのは強い
③将来独立も可能
④転職でも有利(大手不動産会社では宅建必須)
⑤宅建を持っていないことによるストレスがない

続きを読む →

ベテランほど受からない宅地建物取引士試験

なぜ不動産業界歴が長い人ほど宅建試験に合格できないのか?

不動産歴が長くなればなるほど、頭が凝り固まってしまい
不動産実務で問われる知識と、宅建試験で問われる知識の区別ができず、
中途半端な不動産オタクにはなったものの、宅建試験において点数は取れないという人が多く見受けられます。 続きを読む →

宅建試験の勉強する順番(効率的勉強計画)

宅建試験の独学勉強法として、
①宅建業法
②民法
③法令上の制限&税・その他関連法案
の順に勉強していくのが無駄なく安全かと思います。

必要な教材は
・最低限要点だけまとまったテキスト1冊(薄いもののが良い)
・過去問を元に構成された出る順系問題集(各分野×1冊)
・過去問(最低5年分)
これだけで十分です。

通信講座や資格講座なんてやめたほうがいいです。
またインプット学習は時間の無駄なので最低限にして、
ひたすら問題集を回すアウトプット学習を重視してください。
5点免除が使えるなら絶対に使いましょう!(不動産新人は使っていません)
続きを読む →