不動産賃貸仲介営業マンはトップでも年収800万円が限界?(忙しいけど稼げない現実)

今回は不動産業界に興味がある人向けに、
「お部屋探し」でいつもお世話になる不動産賃貸仲介営業マンの年収の実態忙しすぎるのに稼げない賃貸仲介営業マンの現実についてまとめてみる。

賃貸仲介だけだとトップセールスマンでも年収800万円が限界である。
※もちろん管理職は別

賃貸仲介では身体は一つしかないのに、アポがどうしても被るという場面が非常に多い。
1件の契約ごとに会社に入る利益も少ないため、契約の数をこなす必要があり、その分契約書類や打ち合わせなどで時間を取られることになる。

賃貸仲介の世界ではトップセールスマンでも年収800万円が限界の理由

例)家賃8万の部屋ご契約の単純計算
客から1か月分の仲介手数料8万円+貸主側からのAD100%(広告費)8万円
1契約当たりの売上16万円
繁忙期閑散期平均して毎月10件の契約をしたとして、
16万円×10件=1か月で160万円の売上
160万円×12か月=年間1920万円の売上

もちろん賃料の高い部屋の契約が多ければ売上も多くなるが、逆にADのつかない物件も多いし、仲介手数料半額や無料で営業している不動産会社もあるため年間売上1,920万円以下になる可能性だって高い

不動産営業マンとして年間売上が約2,000万円というのは夢のない話だ。
会社は経費として人件費や広告費や店舗のテナント料等がかかっており、不動産営業マン個人に入る歩合給としてはせいぜい10%がいいところ。
となると
売上約2,000万円×10%=歩合給200万円
固定給300万円+歩合給200万円=年収500万円

しかも不動産賃貸仲介会社の歩合給の仕組みとして多いのが、
・毎月売り上げ70万円以上から歩合発生
・毎月売り上げ80万円以上から歩合発生
という鬼畜な歩合システムを採用している不動産会社が非常に多い。 続きを読む →

不動産賃貸仲介営業マンの忙しすぎる一日と仕事内容(賃貸仲介の実態)

不動産業界に興味のある方向けに、
今回は「お部屋探し」でいつもお世話になる、
不動産賃貸仲介営業マンの実態についてまとめてみる。

1、不動産賃貸仲介営業マンの一日スケジュール
(暇な日バージョンと忙しい日バージョンの2つを紹介。)
2、賃貸仲介は毎日忙しすぎる(主な仕事内容)

不動産賃貸仲介をする不動産会社はシフト休みのところが多いため、休みが不定休となるところも多く、賃貸仲介営業マンは常に忙しい
その理由として客がいないときは、スーモやホームズといった集客のためのポータルサイトに宣伝用の物件情報の入力をしたり、自社管理物件の室内状況確認をしに行ったり、下見を兼ねて広告用の物件撮影などをする必要があるからだ。
また賃貸物件は非常に物件の入れ替わりが激しくて数も多いため、自社で広告掲載中の物件に申し込みが入っていないかどうかの確認を定期的にする必要がある。既に申し込みが入っており募集がストップしている賃貸物件を広告し続けると「おとり広告」として会社が処分されてしまうからだ。


1、
不動産賃貸仲介営業マンの一日スケジュール

続きを読む →

トイレメーカーブランドで押さえるべきはこの7社

以前、押さえるべきキッチンメーカーブランド7社を紹介した。
トイレはキッチンに比べると地味だと感じるかもしれないがそんなことはなく、毎日使う上に1日に何度も使うかなり家の中でも重要な場所だ。
顧客に「見た目が綺麗なトイレがいい」「掃除がしやすい方がいい」と要望を言われたときに「それなら・・・」とすぐに紹介できるよう
基本的なトイレメーカーの特徴を押さえておこう。

押さえるべきトイレメーカーブランド7社

それでは早速押さえるべきブランドを見ていこう。
①~③は日本の3大トイレメーカーブランドになる。
「これは日本でのシェアがナンバーワンで・・・」などと一言言えば客からの信頼度アップにつながるであろう。

①TOTO

②LIXIL

③パナソニック

④ジャニス

⑤アサヒ衛陶

⑥KOHLER

⑦ネポン

続きを読む →

キッチンメーカーブランドはこの7社を押さえろ

今回はキッチンメーカーブランドで押さえておくべき
7社のブランドについて紹介する。
家族の決定権は奥様が握っていることも多く、最適なライフスタイルの提案をするために水回りの知識は必須である。
不動産営業マンならば有名なブランドの特徴は押さえていなければならない。

押さえるべきキッチンメーカーブランドはこの7社

ぜひ覚えておいて欲しいブランドは全部で7つ。一般の人でも耳にしたことがある名前ばかりのはずだ。知っている名前だとやはり安心できるものだ。
ひとまずメーカーの名前を押さえよう。

①タカラスタンダード

②リクシル

③TOTO

④パナソニック

⑤クリナップ

⑥トクラス(ヤマハ)

⑦ハウステック

続きを読む →

不動産営業マンが知っておくべき家の中の風水

過去のブログでは風水において吉とされる家の位置について述べた。
今回は家の中の風水の話だ。
ひと昔前に風水ブームがあったが今も風水人気は根強く、本などで知識を得て生活に取り入れようとする人は多いため、家に関することなので営業マンとしてやはり何も知らないというわけにはいかない。

風水で良いとされるもの・悪いとされるもの

風水での教えを挙げていくので知識として身に付けておこう。
これを読みながら自分の家はどうだろうかと思い出してみるとより定着するかもしれない。
続きを読む →

不動産営業マンが知っておくべきキッチンの種類と特徴【ペニンシュラキッチンって何?】

キッチンといえば毎日作業をするところ。
それだけに「この機能が欲しい!」「収納はたくさんある方がいい!」といったこだわりが出やすい。
使いやすさは人それぞれなので、キッチンの種類は随分多様化している。
こだわりが強い場所なだけあって、不動産営業マンはキッチンの知識を欠かすことが出来ない。
最近は奥様が主導権を握る家族も多い。各システムキッチンの特徴、価格帯、メリットデメリットを押さえてまずは奥様を味方につけよう。

続きを読む →

不動産営業マンなら家相について知っておくべき

まず家相とは?

そもそも家相とは何だろうか?
風水との違いがいまいち分からない人も居るかもしれない。
家相とは中国から入ってきた風水の考え方をベースにしつつ、日本の気候条件や文化を反映したものだ。
つまり家相とは日本ならではの住みやすい家づくりのコツを集めた先人の知恵のようなものだ。
家相は方位による場のエネルギーの考えを取り入れているため、方位に関する言葉がたくさん出てくるのも特徴である。

家相ではどんなことが言われている?

家相と言われても具体的な内容が分からないかもしれない。
家相では間取りの位置により吉凶が決められている。顧客によっては気にする人もいるので、少しくらいは知識として知っておきたい。
では具体的にどういった考えがあるのかをまとめていくので確認してみよう。

続きを読む →

不動産営業に必須の風水六曜知識(大安?友引?)

営業マン「エリアも価格もお客様のご希望にピッタリの物件ですよ!」
「うーん。ここはやめときます。」
営業マン「えっ」
「条件ピッタリなんですけど、ちょっと風水的に。。。」
営業マン「はぁ風水ですかぁ」

不動産を購入する際に風水を気にする人は意外と多い。
そのため、不動産営業マンは見学や契約の際に顧客から住宅の風水に聞かれた際にはすぐに説明出来るように事前に知識をつけておくのが望ましい。
これから不動産営業マンが押さえておくべき風水の知識について紹介していくので是非参考にして欲しい。
また、風水と同じように気にする人も多い大安、仏滅、友引などの六曜についてもまとめるので、そちらも一緒に知識としてつけておこう。

続きを読む →

賃貸派と持ち家派どちらが正解?営業マンが主導権を握るためのメリットデメリット知識

客は家探しをしつつも、
自分たちが本当に家を購入するべきなのかどうか迷っていることは多い。
営業マンは家を買うメリットとデメリットをしっかりと説明して、
客の頭の中を整理整頓し主導権を握っていかなくてはいけない。

客「賃貸じゃもったいないよね毎月家賃捨ててるみたいだし。」
「結局一生賃貸かマイホームかって、どっちが得なんですか?」

家を借りると買うでは大違い。

家を買うというのは当然リスクにもなるが、
リスクヘッジにもなる難しい問題だ。

今回は探し始めの客や、家探しの動機が弱い客に対して
営業マンが主導権を握るためにも
家を購入するメリットとデメリットをまとめてみる。 続きを読む →

客に知っておいてほしいお部屋探しの常識(賃貸)

「すいませんあのお部屋すごく気に入ってたんですけど、ウチの冷蔵庫が大きくて入らないことがわかりました。申し込みキャンセルお願いします。」
不動産新人「え・・・・・・」

今回は客が不動産賃貸営業マンとお部屋探しをするうえで、
いくらお客様といえどもこれくらいは知っておいてくれ!という
お部屋探しの基礎知識(最低限常識)をまとめてみた。
続きを読む →