不動産賃貸仲介営業マンはトップでも年収800万円が限界?(忙しいけど稼げない現実)

今回は不動産業界に興味がある人向けに、
「お部屋探し」でいつもお世話になる不動産賃貸仲介営業マンの年収の実態忙しすぎるのに稼げない賃貸仲介営業マンの現実についてまとめてみる。

賃貸仲介だけだとトップセールスマンでも年収800万円が限界である。
※もちろん管理職は別

賃貸仲介では身体は一つしかないのに、アポがどうしても被るという場面が非常に多い。
1件の契約ごとに会社に入る利益も少ないため、契約の数をこなす必要があり、その分契約書類や打ち合わせなどで時間を取られることになる。

賃貸仲介の世界ではトップセールスマンでも年収800万円が限界の理由

例)家賃8万の部屋ご契約の単純計算
客から1か月分の仲介手数料8万円+貸主側からのAD100%(広告費)8万円
1契約当たりの売上16万円
繁忙期閑散期平均して毎月10件の契約をしたとして、
16万円×10件=1か月で160万円の売上
160万円×12か月=年間1920万円の売上

もちろん賃料の高い部屋の契約が多ければ売上も多くなるが、逆にADのつかない物件も多いし、仲介手数料半額や無料で営業している不動産会社もあるため年間売上1,920万円以下になる可能性だって高い

不動産営業マンとして年間売上が約2,000万円というのは夢のない話だ。
会社は経費として人件費や広告費や店舗のテナント料等がかかっており、不動産営業マン個人に入る歩合給としてはせいぜい10%がいいところ。
となると
売上約2,000万円×10%=歩合給200万円
固定給300万円+歩合給200万円=年収500万円

しかも不動産賃貸仲介会社の歩合給の仕組みとして多いのが、
・毎月売り上げ70万円以上から歩合発生
・毎月売り上げ80万円以上から歩合発生
という鬼畜な歩合システムを採用している不動産会社が非常に多い。 続きを読む →

不動産賃貸仲介営業マンの忙しすぎる一日と仕事内容(賃貸仲介の実態)

不動産業界に興味のある方向けに、
今回は「お部屋探し」でいつもお世話になる、
不動産賃貸仲介営業マンの実態についてまとめてみる。

1、不動産賃貸仲介営業マンの一日スケジュール
(暇な日バージョンと忙しい日バージョンの2つを紹介。)
2、賃貸仲介は毎日忙しすぎる(主な仕事内容)

不動産賃貸仲介をする不動産会社はシフト休みのところが多いため、休みが不定休となるところも多く、賃貸仲介営業マンは常に忙しい
その理由として客がいないときは、スーモやホームズといった集客のためのポータルサイトに宣伝用の物件情報の入力をしたり、自社管理物件の室内状況確認をしに行ったり、下見を兼ねて広告用の物件撮影などをする必要があるからだ。
また賃貸物件は非常に物件の入れ替わりが激しくて数も多いため、自社で広告掲載中の物件に申し込みが入っていないかどうかの確認を定期的にする必要がある。既に申し込みが入っており募集がストップしている賃貸物件を広告し続けると「おとり広告」として会社が処分されてしまうからだ。


1、
不動産賃貸仲介営業マンの一日スケジュール

続きを読む →

トイレメーカーブランドで押さえるべきはこの7社

以前、押さえるべきキッチンメーカーブランド7社を紹介した。
トイレはキッチンに比べると地味だと感じるかもしれないがそんなことはなく、毎日使う上に1日に何度も使うかなり家の中でも重要な場所だ。
顧客に「見た目が綺麗なトイレがいい」「掃除がしやすい方がいい」と要望を言われたときに「それなら・・・」とすぐに紹介できるよう
基本的なトイレメーカーの特徴を押さえておこう。

押さえるべきトイレメーカーブランド7社

それでは早速押さえるべきブランドを見ていこう。
①~③は日本の3大トイレメーカーブランドになる。
「これは日本でのシェアがナンバーワンで・・・」などと一言言えば客からの信頼度アップにつながるであろう。

①TOTO

②LIXIL

③パナソニック

④ジャニス

⑤アサヒ衛陶

⑥KOHLER

⑦ネポン

続きを読む →